日本血液学会

English
会員専用ページログイン
臨床研究| Research
関連ページ
第81回日本血液学会学術集会
The 11th JSH International Symposium 2020 in Shimane

J-SKI事業(JSH-J-SKI)

更新日時:2019年8月16日

新規レジストリー研究「慢性骨髄性白血病患者に対するチロシンキナーゼ阻害薬中止後の無治療寛解維持を検討する日本国内多施設共同観察研究:J-SKI(the Japanese Stop Kinase Inhibitor)」開始のお知らせ

 日本血液学会の造血器腫瘍診療ガイドラインのCML/MPN CQ6では「深い分子遺伝学的寛解が得られて安全にチロシンキナーゼ阻害薬 (TKI) が終了できる基準が確立されるまで臨床試験以外でTKIを中止すべきでない(カテゴリー4)」とされています。一方、現在まで国内においても多数のTKI中止試験が施行され、また特別な事情のため日常診療でTKIを中止された症例も少なくはありません。
 本研究は、前向き臨床研究や何らかの理由のためTKIを中止した、または中止予定である慢性骨髄性白血病患者の臨床情報を収集し、 TKI中止後の無治療寛解に関する長期予後を観察する国内外最大の観察研究です。本研究で得られた情報を学会員に提供し、日本のCML治療レベルを向上させ、将来的には安全にTKIを中止できる基準を示したガイドラインの改定を目指しております。
 付随研究としては免疫細胞のプロファイル、次世代ゲノムシークエンスによる残存病変の変異解析、TFRに関わるQOLの変化、骨髄間葉系幹細胞の遺伝子発現解析なども個別に準備されています。将来の日本のガイドラインとTKIを中止された患者様の病態解明のために、本研究にご参加いただければ幸いです。

一般社団法人日本血液学会
CML TFR研究実行委員会
委員長 高橋直人

プロトコール

プロトコール

同意説明文書

佐賀大学の倫理委員会承認書(初回)

佐賀大学の倫理委員会承認書(v1.1)

eCRF記載項目

入力の手引き
 

 

Adobe Acrobat Reader ダウンロード PDFをご覧になる際は、Adobe Acrobat Reader DCをご利用ください。

 

関連ページ
このページの先頭へ