日本血液学会

専門医制度| Board Certification
関連ページ
第84回日本血液学会学術集会

新認定制度による受験方法

更新日時:2022年2月2日

新制度研修者:以下の(1)~(6)のいずれも該当すること。

(1) 内科専門医もしくは小児科専門医を有していること
(2) 卒後6年以上の臨床研修を必要とし、このうち3年以上要件を満たした研修施設において臨床血液学の研修を行った者
(3) 申請時に継続して3年以上、日本血液学会の会員である者
(4) 筆頭演者または筆頭著者として学会あるいは論文発表の実績を2つ以上有すること
(5) 規定の経験症例数を血液専門医研修実績登録システムに登録している
主担当医としてカリキュラムで求める55症例の症例(小児科を基本領域とする専攻医は赤血球領域8例、白血球領域16例、血栓止血領域6例、計30症例)を経験し登録していること
15症例の症例要約が受理されていること。症例要約には赤血球系疾患3例、白血球系疾患3例、血栓止血系疾患2例以上を含むこととする。また、いずれかの領域に造血細胞移植/輸血1例以上、免疫学的機序による血液疾患を1例以上含めることとする。
記載内容に関し、指導医の承認を受けること
カリキュラム評価について、目標カリキュラムに対する達成度を自己評価し、指導医の承認をうけること
(6) 血液関連の学術集会や企画に研修修了までに計5回以上参加していること

新制度研修者 申請様式

受験様式1 受験申込書 <WORD形式;A3-2つ折り> :旧制度・新制度 共通 様式
受験様式2 履歴書 <WORD形式;A4> :旧制度・新制度 共通 様式
受験様式3-2 研修修了証明書 <WORD形式;A4> 新制度研修 様式
受験様式6 研修歴 :新制度 申請様式

関連ページ
このページの先頭へ