日本血液学会

English
会員専用ページログイン
学会概要| About JSH
関連ページ
第80回日本血液学会学術集会

医学研究と利益相反について

更新日時:2018年5月16日

医学研究と利益相反について

      「医学系研究の利益相反(COI)に関する共通指針」のお知らせ

日本医学会は最近の社会の動向を踏まえて、「日本医学会 医学研究のCOIマネージメントに関するガイドライン」の一部改定を行い、平成29年3月に「日本医学会 COI管理ガイドライン」として公表しました。また、診療ガイドライン策定にかかる委員のCOI状態については社会の関心が高いことから、診療ガイドラインの質だけでなく、社会の理解を得て、信頼性をより一層高めるために、「日本医学会 診療ガイドライン策定参加資格基準ガイダンス」を併せて公表しました。
 
これらを受けて、一般社団法人日本内科学会は、2017年9月に内科系関連学会(日本内科学会、日本肝臓学会、日本循環器学会、日本内分泌学会、日本糖尿病学会、日本腎臓学会、日本呼吸器学会、日本アレルギー学会、日本感染症学会、日本老年医学会、日本血液学会)の「医学系研究の利益相反(COI)に関する共通指針」を、診療ガイドラインおよび治療指針等作成にかかるCOIマネージメントを含めて一部改定して、発表しました。
 
本学会は、日本内科学会との整合性を図るため、日本内科学会の「医学系研究の利益相反(COI)に関する共通指針」に即した本学会の「日本血液学会 医学系研究の利益相反(COI)に関する共通指針」を定め、さらに、これまでの「日本血液学会 医学系研究の利益相反(COI)に関する共通指針の細則」を「日本血液学会 講演会および機関誌における利益相反(COI)の開示」として改めましたので、お知らせいたします。
 
会員の皆様にはご理解・ご協力のほどお願い申し上げます。

                           2018年2月吉日
                 一般社団法人日本血液学会利益相反委員会

利益相反規定


 関連リンク

   -------------------------------------------------------------------------

利益相反(COI)各様式

   ※講演会などにおけるCOI自己申告書の申告基準については、「日本血液学会 医学系研究の
      利益相反(COI)に関する共通指針
」をご参照ください。
 

学術集会/講演会発表者

■演題登録

日本血液学会学術集会で一般演題発表をされる筆頭演者は、演題登録画面で、抄録提出前3年間における筆頭および共同演者全員の利益相反状態について、(申告すべき利益相反は)「ない」もしくは「ある」にチェックを入れてください。「ある」にチェックを入れた方は、上記、「講演会などにおけるCOI自己申告書」を演題発表までに日本血液学会京都事務局(coi@jshem.or.jp)宛て送信ください。

 ※筆頭/共同演者に申告すべき利益相反がある場合、記載例を参考に、筆頭演者がとりまとめて、
  ひとつの申告書で提出ください。
 

■演題発表/講演

日本血液学会が主催する学術集会や講演会で発表・講演を行う筆頭発表者は、上記COI 開示スライド例を参考にして、口演発表ではスライドの最初に(または演題・発表者などを紹介するスライドの次に)、ポスター発表ではポスター掲示の最後に、筆頭および共同演者全員の過去3年間におけるCOI 状態を開示下さい。

本学会機関誌への投稿

『臨床血液』および『International Journal of Hematology』で発表を行う著者全員は、会員、非会員を問わず、COI状態を投稿規定に定める様式を用いて、事前に学会事務局へ届け出てください。

※詳細は、各機関誌の「投稿規定」をご参照ください。

『臨床血液』
http://www.jshem.or.jp/modules/publication/index.php?content_id=10

『International Journal of Hematology』
http://www.jshem.or.jp/modules/publication/index.php?content_id=4

Adobe Acrobat Reader ダウンロード PDFをご覧になる際は、Adobe Acrobat Reader DCをご利用ください。

関連ページ
このページの先頭へ