日本血液学会

専門医制度| Board Certification
関連ページ
第84回日本血液学会学術集会

旧認定制度による受験方法

更新日時:2022年2月2日

1.受験資格

旧制度研修者: 以下の(1)~(6)のいずれも該当すること。

(1) 日本内科学会認定内科医または日本小児科学会小児科専門医である者
(2) 卒後6年以上の臨床研修を必要とし、このうち3年以上日本血液学会が認定した研修施設において臨床血液学の研修を行った者
(3) 申請時に継続して3年以上、(新)日本血液学会(旧 血液学会、及び、旧 臨床血液学会)の会員である者
(4) 臨床血液学に関係した筆頭者として学会発表又は論文が2つ以上ある者
(5) 「診療実績記録(WORD形式)」を提出すること。
受け持ち入院患者のうち15名について作成すること。入院の適応がまれな疾患は、 受け持ち外来患者でも可とする(3名以内)。
症例は4領域それぞれにおいて、赤血球系疾患3例、白血球系疾患3例、血栓止血系疾患2例、免疫・輸血1例 以上を含むこと。
記載内容に関し、診療科長(所属は問わない)の署名及び承認印を受けること。
診療記録の記載要領は、日本内科学会の「病歴要約作成の手引き」に準じる。審査にて基準に達していないと判断された場合、受験が認められないことがある。
(6) 日本血液学会研修施設における血液学に関する研修カリキュラム評価を提出すること。
一般社団法人 日本血液学会血液専門医カリキュラム」に 申請者による自己評価、及び 指導医による指導医評価を記入の上、提出すること。

旧制度研修者 申請様式

受験様式1 受験申込書 <WORD形式;A3-2つ折り> :旧制度・新制度 共通 様式
受験様式2 履歴書 <WORD形式;A4> :旧制度・新制度 共通 様式
受験様式3-1 研修修了証明書 <WORD形式;A4> :旧制度研修 様式
受験様式4 診療実績記録申請書 <WORD形式;A3― 2つ折り>
〔入院用〕 診療実績記録申請書 :旧制度 申請様式
〔外来用〕 診療実績記録申請書(3名以内) :旧制度 申請様式
試験様式5 一般社団法人 日本血液学会血液専門医カリキュラム :旧制度 申請様式

関連ページ
このページの先頭へ