日本血液学会

English
会員専用ページログイン
日血ニュース<メール便>

2016年12月号

更新日時:2016年12月9日

日本血液学会ニュース 2016年12月号 (2016年12月9日(金)発行)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       日 血 ニ ュ ー ス 《 メール便 》

          2016年12月9日(金)号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★★今月のヘッドライン★★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・第79回日本血液学会学術集会(JSH2017)準備委員会からのお知らせ
・診療関連情報 オプジーボ適正使用について
・学術集会抄録:アーカイブ化について
・EHA-JSH Collaborative Exchange Program 2017募集のお知らせ
・JSH Travel Award for 22nd Congress of EHA 2017 in Madrid 募集
・Highlights of ASH in Asia-Pacific 2017 in Hong Kong派遣 若手研究者募集
・IJH編集委員長より 紙媒体刊行終了のお知らせ、など
・賞等選考委員会からのお知らせ 日中医学協会 共同研究助成金募集
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-
第79回日本血液学会学術集会(JSH2017)準備委員会からのお知らせ
-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-
横浜での学術集会も盛会裡に終わり、来年のJSH2017に向けての準備も本格化してまいりました。
学会ホームページもオープンいたしましたので必要な情報は随時掲載してまいります。
年が明け3月になりますと演題募集も始まります。演題登録時には倫理面での自己申告を徹底していただきたいと思います。例年、問題となるのは症例報告と薬剤の適応外使用です。
薬剤の適応外使用に関する発表には必ず施設の承認を得るようにしてください。
また、症例報告に関しては、演題登録に際して、本学術集会では3例以下の症例報告は施設の承認を必要としないといたしますが、3例はあくまでも一般的な指針であり、例数について各施設で解釈が異なる場合は各施設の規定に沿って判断をお願いいたします。

 倫理面での配慮に関しては「自己申告による自己責任」が原則ですので、施設基準とも合わせご判断いただくようによろしくお願いいたします。

 これからもJSH2017の準備状況や必要な連絡事項は毎月の日血ニュース等でアナウンスしてまいります。

 ******************************************
 第79回日本血液学会学術集会
 ********************************************
 会期:2017年10月20日(金)~10月22日(日)
 会場:東京国際フォーラム
 会長:木崎 昌弘
 テーマ:Innovation and Creation:
     Advances in Hematology for the Next Generation
 学術集会HP:http://jshem79.jp/
 ********************************************

第79回日本血液学会学術集会
会長 木崎 昌弘
埼玉医科大学総合医療センター血液内科

-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-
◆オプジーボ適正使用について
-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-
2016年12月2日に抗悪性腫瘍剤「オプジーボ?点滴静注20mg・100mg」(一般名:ニボルマブ)につきまして、「再発又は難治性の古典的ホジキンリンパ腫」の効能・効果が承認されました。
適切な患者選択と安全性確保のため、下記「適正使用のお願い」をご確認のうえ、慎重に投与をご検討ください。

◇オプジーボ適正使用のお願い
  http://www.jshem.or.jp/info/pdf/opdivo_20161205.pdf
(小野薬品工業株式会社/ブリストル・マイヤーズスクイブ株式会社)

※日本血液学会HP>診療関連情報>重要なお知らせページにも掲載しています。
 http://www.jshem.or.jp/info/info.html

学術・統計調査委員長 松村 到
診療委員長 神田 善伸

-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-
◆学術集会抄録:アーカイブ化について
-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-
第72回から第77回までの抄録が閲覧できます。
 ◇演者・所属施設・演題名で検索できます。
 ◇スマートフォンにも対応しています。

 会員専用ページからログインのうえ、ご利用下さい。
 http://www.jshem.or.jp/member/

広報委員長 木崎 昌弘

-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-
◆国際委員会から募集のお知らせ
-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-
☆EHA-JSH Collaborative Exchange Program 2017募集のお知らせ
 日本血液学会(JSH)とヨーロッパ血液学会(EHA)は、研究交流の促進を
 目的として短期派遣者を募集いたします。
 応募者の中から各1名を選考し、JSHからの受賞者には100万円、EHAからの
 受賞者には1万ユーロの奨学金(旅費・滞在費などに使用)が授与されます。
 積極的なご応募をお待ちしております!
 
 ◇募集要領
  http://www.jshem.or.jp/award/eha_jsh_award/requirement.html
  ※募集締切日:2017年2月28日(火)

 ◆過去受賞者の派遣レポートもご参照ください。
  http://www.jshem.or.jp/award/eha_jsh_award/reporting.html

 ※下記よりプログラムのチラシデータをダウンロードいただけます。
  多くの方々へ紹介いただければありがたく存じます。
  http://www.jshem.or.jp/news/data/EHA-JSHexchangeprogram_flyer.pdf

☆JSH Travel Award for 22nd Congress of EHA 2017 in Madrid 募集☆
  22nd Congress of EHA 2017会期:2017年6月22日(木)~25日(日)

 2017年はスペインの首都マドリードで開催です!
 下記応募要領をご覧のうえ、ご応募ください。
 
 ◇応募要領詳細
  http://www.jshem.or.jp/award/eha_travel_award/requirement.html
  ※採択数5名、奨学金20万円
  ※募集締切日:2016年12月22日(木)

 ◆過去の参加レポートもご覧ください。
  http://www.jshem.or.jp/award/eha_travel_award/reporting.html

☆Highlights of ASH in Asia-Pacific 2017 in Hong Kong派遣 若手研究者募集☆
 会期:2017年3月10日(金)~3月12日(日)

 パートナー学会として、日本血液学会から3名の若手医師が招待されます。
 2017年は香港で開催です!
 下記応募要領をご覧のうえ、ご応募ください。

 ◇応募要領詳細
  http://www.jshem.or.jp/award/ash_in_asia/highlights.html
  ※採択数3名(参加登録無料、旅費支給)
  ※募集締切日:2016年12月22日(木)

 ◆過去の派遣レポートもご覧ください。
  http://www.jshem.or.jp/award/ash_in_asia/delegate.html
 
国際委員会
委員長 三谷 絹子

-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-
◆IJH編集委員長からのお知らせ
-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-
******************************
IJHがオンラインジャーナルのみになります
******************************
2016年12月号をもちましてIJHの紙媒体が刊行終了となり、
2017年1月号からオンラインジャーナルのみになります。
オンラインジャーナルは下記の会員専用閲覧サイトよりご覧いただけます。
 http://www.jshem.or.jp/member/

******************************
IJH編集委員長交代のお知らせ
******************************
北村俊雄委員長から高折晃史委員長に変わりました。

******************************
お急ぎの論文について
******************************
学位論文や他誌でrejectになった論文などで、出版を急ぐ論文(研究論文)については、
編集委員長に電話またはメールで直接ご相談ください。
1週間以内に結論を出します。

*******************************
IJH引用のお願い
*******************************
IJHに掲載された論文の中で、引用に適すると思われる論文をまとめました。
日本血液学会HPの「IJH注目の論文」をご参照ください。
 http://www.jshem.or.jp/bulletin/ijh.html

IJHおよび他誌への投稿の際に、2015-2016年のIJHに掲載された
論文を中心に引用していただければ幸いです。

IJH編集委員長 高折 晃史

-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-
◆賞等選考委員会からのお知らせ
-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-
この度、日中医学協会より2017年度共同研究助成金募集のご案内が届きましたので
お知らせいたします。

  募集領域:基礎医学・薬学
  助成対象:中国の研究者と共同で実施する調査・研究活動
  助成金 :最大100万円
  応募期間:2016年12月1日~2017年1月13日

応募を希望される会員は下記HPを参照のうえ、日中医学協会へ直接お申し込みください。
 ◇詳細 http://www.jpcnma.or.jp/jyosei_kyodou.html


賞等選考委員会
委員長 安川 正貴

このページの先頭へ