日本血液学会

English
会員専用ページログイン
日血ニュース<メール便>

2017年11月号

更新日時:2017年11月7日NEW

日本血液学会ニュース 2017年11月号 (2017年11月6日(月)発行)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         日 血 ニ ュ ー ス 《 メール便 》

           2017年11月6日(月)号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★★今月のヘッドライン★★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・第79回日本血液学会学術集会 (JSH2017) 終了報告
・第80回日本血液学会学術集会(JSH2018)のお知らせ
・JSH Travel Award for 23rd Congress of EHA 2018 in Stockholm 募集
・Highlights of ASH in Asia-Pacific 2018 in Bali派遣 若手研究者募集
・EHA-JSH Collaborative Exchange Program募集のお知らせ
・2016年度血液疾患症例登録集計解析結果
・「臨床血液」11月号のお知らせ
・IJH編集委員会からのお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-
第79回日本血液学会学術集会(JSH2017) 終了のご報告
-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-
第79回日本血液学会学術集会は、台風や前線の影響であいにくのお天気でしたが、
6,874名の方々にご参加いただき、盛会のうちに無事終了することができました。
「Innovation and Creation: Advances in Hematology for the Next Generation」を
テーマに、各所で熱心な討論が繰り広げられました。

参加されました多くの皆様のご支援、ご協力に心より感謝申し上げます。

第79回日本血液学会学術集会
会長 木崎 昌弘

-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-
◆第80回日本血液学会学術集会(JSH2018)のお知らせ
-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-
東京での第79回日本血液学会学術集会は、木崎昌弘会長のもと、過去最大の
参加人数を記録し、大盛況で幕を閉じました。
来年の学術総会は第80回の記念学術集会になりますので、テーマは
“Progress of the Japanese Society of Hematology”と致しました。
日本血液学会の歴史を振り返りつつ、未来に向けた第一歩となる学会にしたいと
考えております 。
現在プログラムの策定など鋭意準備を進めておりますが、以下のように開催いたしますので
お知らせいたします。
今後も日血ニュースにて準備状況等をお伝えしていきますので、多くの会員の皆様の
ご参加をよろしくお願いいたします。

 *********************************************
 第80回日本血液学会学術集会
 *********************************************
 会期:2018年10月12日(金)~10月14日(日)
 会場:大阪国際会議場
 会長:松村 到
 *********************************************

第80回日本血液学会学術集会
会長 松村 到
近畿大学医学部 血液・膠原病内科

-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-
◆Highlights of ASH in Asia-Pacific 2018 若手研究者募集
-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-
 Highlights of ASH in Asia-Pacific 会期:2018年3月9日(金)~10日(土)
 http://www.hematology.org/Highlights/Asia.aspx

 パートナー学会として、日本血液学会から3名の若手医師が招待されます。
 2018年はなんとバリで開催です!
 下記応募要領をご覧のうえ、ご応募ください。

 ◇応募要領詳細
  http://www.jshem.or.jp/modules/award/index.php?content_id=13
  ※採択数3名(参加登録無料、旅費・宿泊費支給)
  ※募集締切日:2017年12月21日(木)

 ◆過去の派遣レポートもご覧ください。
  http://www.jshem.or.jp/modules/award/index.php?content_id=14

-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-
◆JSH Travel Award for 23rd Congress of EHA 募集
-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-
 23rd Congress of EHA 2017会期:2018年6月14日(木)~17日(日)

 2018年はストックホルムで開催です!
 下記応募要領をご覧のうえ、ご応募ください。
 
 ◇応募要領詳細
  http://www.jshem.or.jp/modules/award/index.php?content_id=7
  ※採択数5名、奨学金20万円
  ※募集締切日:2017年12月21日(木)

 ◆過去の参加レポートもご覧ください。
  http://www.jshem.or.jp/modules/award/index.php?content_id=9

-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-
◆EHA-JSH Collaborative Exchange Program募集のお知らせ
-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-
☆日本血液学会(JSH)とヨーロッパ血液学会(EHA)は、研究交流の促進を
 目的として短期派遣者を募集いたします。
 応募者の中から各1名を選考し、JSHからの受賞者には100万円、EHAからの
 受賞者には1万ユーロの奨学金(旅費・滞在費などに使用)が授与されます。
 積極的なご応募をお待ちしております!
 
 ◇募集要領
  http://www.jshem.or.jp/modules/award/index.php?content_id=10
  
 ◆過去受賞者の派遣レポートもご参照ください。
  http://www.jshem.or.jp/modules/award/index.php?content_id=12

 
国際委員会
委員長 三谷 絹子

-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-
◆2016年度血液疾患症例登録集計解析結果
-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-
「2016年度血液疾患症例登録集計解析結果」を会員専用ページに公開しました。
引き続き、症例登録事業へのご協力をお願いいたします。

学術・統計調査委員会
委員長 松村 到

-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-
◆「臨床血液」11月号のお知らせ
-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-
・表紙は症例報告「初回寛解導入療法中に肺炎と化膿性脊椎炎を合併した急性骨髄性白血病」
(姫路赤十字病院 鎌田雄輝先生)からの写真です。
・「Be ambitious !」第17回目は下山正徳先生です。
・過去に掲載した「Welcome to My Labo!」「Be ambitious!」「この人に聞く」がweb上で閲覧可能です。
 ※「臨床血液」サイト
  http://www.jshem.or.jp/modules/publication/index.php?content_id=8

◇「臨床血液」投稿論文の共著者確認について◇
2017年6月1日投稿受付分から、共著者全員による投稿論文の承認をお願いすることになりました。
新規投稿された時点で、共著者全員に投稿承認に関するメールが送られますので、承認のご返信を
必ずお願いいたします。
共著者全員からの承認の返事が整い次第、査読を開始いたします。ご理解とご協力をお願いいたします。

「臨床血液」編集委員長 小松 則夫

-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-
◆IJH編集委員長からのお知らせ
-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-
◇IJH引用のお願い
IJH掲載論文の中で、引用に適すると思われる論文をまとめました。
日本血液学会HPの「IJH注目の論文」をご参照ください。
 http://www.jshem.or.jp/modules/publication/index.php?content_id=2

IJHおよび他誌への投稿の際に、2018年に掲載される論文には、
IJHの2016-2017年に掲載された論文を中心に引用していただければ幸いです。

◇お急ぎの論文について
学位論文や、他でrejectになった論文などで、急ぐ論文(研究論文)については、
編集委員長に電話かメールで直接ご相談ください。
短期間(1~2週間)で結論を出します。

IJH編集委員長 高折 晃史

-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-

 

このページの先頭へ