日本血液学会

English
会員専用ページログイン
日血ニュース<メール便>

2017年5月号

更新日時:2017年5月11日

日本血液学会ニュース 2017年5月号 (2017年5月9日(火)発行)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         日 血 ニ ュ ー ス 《 メール便 》
 
           2017年5月9日(火)号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★★今月のヘッドライン★★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・第79回日本血液学会学術集会(JSH2017)準備委員会からのお知らせ
・第8回JSH国際シンポジウム(宮崎)開催案内
・血液疾患症例登録(2016年度分)の登録締切について
・「臨床血液」からのお知らせ
・IJH編集委員長より 掲載料改訂の件、など
・研究助成金公募のご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-
第79回日本血液学会学術集会(JSH2017)準備委員会からのお知らせ
-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-
 
JSH2017一般演題募集終了
 
 4月11日正午をもちまして一般演題の応募を締め切らせていただきました。
1,217題(海外125題)もの演題を応募いただき、会員の皆様には厚く御礼申し上げます。
大変にありがとうございました。
今年度の特徴は、海外からの演題の増加です。JSHの国際化の動きに合わせ年々
海外からの演題は増えておりましたが、今年は100題をこえる演題の応募をいただき
全体の10%強を占めております。中には、新規治療薬の国際共同試験の結果などの
演題も含まれており、JSHのstatusが上がっていることを実感致します。
 現在、応募いただいた演題はカテゴリー別に査読が行われており、倫理面での
チェックなども踏まえてプログラム編成を行い6月にはプログラムが確定いたします。
 
 すでにご案内いたしておりますが、優れた症例報告はExcellent Case Reportとして
20演題程度を選抜し、シニアの先生方の座長によりposter discussionの形式での発表を
予定いたしております。病棟での教授あるいは部長回診をイメージしていただければ
よろしいかと思いますが、初めての試みですので熱い議論を期待いたしております。
 
 その他の学会プログラムやアトラクション、イベントなども新しい企画も含めて準備が
進行しておりますので、今後も順次紹介いたしてまいります。
 
 ******************************************
 第79回日本血液学会学術集会
 ********************************************
 会期:2017年10月20日(金)~10月22日(日)
 会場:東京国際フォーラム
 会長:木崎 昌弘
 テーマ:Innovation and Creation:
     Advances in Hematology for the Next Generation
 学術集会HP: http://jshem79.jp/
 ********************************************
 
第79回日本血液学会学術集会
会長 木崎 昌弘
埼玉医科大学総合医療センター血液内科
 
 
-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-
◆第8回JSH国際シンポジウム(宮崎)開催のご案内
-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-
第8回JSH国際シンポジウムを、
2017年5月19日(金)、20日(土)にシーガイアコンベンションセンターで開催致します。
みなさまのご参加を心よりお待ち申し上げます。
 
 ---【開催概要】-------------------------------------------
 会 期:2017年5月19日(金)・ 20日(土)
 会 場:シーガイアコンベンションセンター(宮崎)
 会 長:谷 憲三朗 (東京大学医科学研究所)
 テーマ:Cell and Gene Therapy for Hematological Disorders
      -Current Status, Challenges, and Future Perspectives-
 公式サイト:http://www.jshis-miyazaki2017.org/
 ----------------------------------------------------------
 
第8回JSH国際シンポジウム
会長 谷 憲三朗
 
-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-
◆血液疾患症例登録(2016年度分)の登録締切について
-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-
2016年1月1日~12月31日に診断された新規診断症例の登録は、
2017年5月31日(水)までにお願いいたします。
 
◇登録サイト:http://ptosh.jp
 
-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-
◆「臨床血液」からのお知らせ
-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-
◇「臨床血液」投稿論文の共著者確認について
6月1日投稿受付分から、共著者全員による投稿論文の承認をお願いすることになりました。
新規投稿された時点で、共著者全員に投稿確認承認に関するメールが送られますので、
承認のご返信を必ずお願いいたします。
共著者全員からの承認の返事が整い次第、査読を開始いたします。ご理解とご協力をお願い
いたします。
 
◇「臨床血液」5月号について
・表紙は特集号論文「慢性リンパ性白血病」(新潟大学 瀧澤淳先生)からの写真です。
・「Be ambitious !」第13回目は元吉和夫先生です。
 
「臨床血液」編集委員長 小松 則夫
 
-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-
◆IJH編集委員長からのお知らせ
-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-
◇IJH投稿規定を改定しました
<<投稿料および掲載料の変更について>>
投稿料について:「筆頭著者」が非会員である場合、
投稿料(国内2000円、海外20ドル)が必要になります。
お支払の必要は方へは投稿後Editorial managerのシステムよりご連絡を差し上げます。
 
掲載料について:紙媒体廃止に伴い、掲載料を改定しました。
日本国内からの投稿は1ページあたり3,000円、海外からの投稿は25ドルとなります。
カラー図表については従来通り無料です。
 
詳細については最新の投稿規定をご参照ください。
投稿規定(2/13版)
 http://www.jshem.or.jp/modules/publication/index.php?content_id=4
 
◇IJH引用のお願い
IJH掲載論文の中で、引用に適すると思われる論文をまとめました。
日本血液学会HPの「IJH注目の論文」をご参照ください。
 http://www.jshem.or.jp/modules/publication/index.php?content_id=2
 
IJHおよび他誌への投稿の際に、2015-2016年のIJHに掲載された
論文を中心に引用していただければ幸いです。
 
IJH編集委員長 高折 晃史
 
-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-
◆研究助成金公募のご案内
-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-
現在、下記の研究助成金の公募が行われています。
・公益信託「日本白血病研究基金」第27回平成29年度助成金
・公財) MSD生命科学財団 平成29年度がん領域助成金
・公財)先進医薬研究振興財団 平成29年度「血液医学研究助成」「先進研究助成」
・黒住医学研究振興財団 H29研究助成
 
※日血HPリンク>公募案内ページをご参照ください。
 http://www.jshem.or.jp/modules/others/index.php?content_id=1#kobo
 
-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-

このページの先頭へ