日本血液学会

English
会員専用ページログイン
日血ニュース<メール便>

2017年1月号

更新日時:2017年1月10日

日本血液学会ニュース 2017年1月号 (2017年1月10日(火)発行)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       日 血 ニ ュ ー ス 《 メール便 》

          2017年1月10日(火)号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★★今月のヘッドライン★★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・第79回日本血液学会学術集会(JSH2017)準備委員会からのお知らせ
・第8回JSH国際シンポジウム(宮崎)演題募集のご案内
・EHA-JSH Collaborative Exchange Program 2017募集のお知らせ
・血液疾患症例登録(2016年度分)の登録締切について
・「臨床血液」1月号のお知らせ
・IJH編集委員長より 掲載料改訂の件、など
・学術集会抄録:アーカイブ化について
・賞等選考委員会からのお知らせ 三菱財団平成29年度研究助成金公募
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-
第79回日本血液学会学術集会(JSH2017)準備委員会からのお知らせ
-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-
新年、明けましておめでとうございます。
 JSH2017に向けての準備も徐々に進みつつありますが、新たな企画や連絡事項等
につきまして会員の皆様に配信していきたいと考えています。

 JSH2017では、日頃の研究成果とともに症例報告も大切にしたいと考えています。
よく考察された優れた症例報告は、ポスター討論の際にExcellent Case Report
として1日10演題(2日間で20演題)程度を選抜し別枠で発表いただく予定です。
症例報告は若い先生方の学会への登竜門になることも多いので、研究成果とともに
しっかりと考察された症例報告の演題登録もよろしくお願いいたします。

 これからもJSH2017の準備状況や必要な連絡事項は毎月の日血ニュース等で
アナウンスしてまいります。

 ******************************************
 第79回日本血液学会学術集会
 ********************************************
 会期:2017年10月20日(金)~10月22日(日)
 会場:東京国際フォーラム
 会長:木崎 昌弘
 テーマ:Innovation and Creation:
     Advances in Hematology for the Next Generation
 学術集会HP: http://jshem79.jp/
 ********************************************

第79回日本血液学会学術集会
会長 木崎 昌弘
埼玉医科大学総合医療センター血液内科

-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-
◆第8回JSH国際シンポジウム(宮崎) 演題募集のお知らせ
-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-
☆第8回JSH国際シンポジウムの演題を募集しています。
皆様には、奮って演題をご登録いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。

<演題登録サイト>
 http://www.jshis-miyazaki2017.org/abstract.html
 受付締切:2017年2月17日(金)
 演題採否通知:2017年3月下旬

【募集演題カテゴリー】
 1. Immune and/or gene therapy for hematological disorders
 2. Stem cell transplantation
 3. Regenerative medicine
 4. iPS cell technology development
 5. Childhood hemato-immunological disorders and new therapies
 6. Translational research for hematological disorders

【開催概要】
 会 期:2017年5月19日(金)・ 20日(土)
 会 場:シーガイアコンベンションセンター(宮崎)
 会 長:谷 憲三朗 (東京大学医科学研究所)
 テーマ:Cell and Gene Therapy for Hematological Disorders
      -Current Status, Challenges, and Future Perspectives-
 公式サイト:http://www.jshis-miyazaki2017.org/

第8回JSH国際シンポジウム
会長 谷 憲三朗

-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-
◆EHA-JSH Collaborative Exchange Program 2017募集のお知らせ
-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-
☆日本血液学会(JSH)とヨーロッパ血液学会(EHA)は、研究交流の促進を
 目的として短期派遣者を募集いたします。
 応募者の中から各1名を選考し、JSHからの受賞者には100万円、EHAからの
 受賞者には1万ユーロの奨学金(旅費・滞在費などに使用)が授与されます。
 積極的なご応募をお待ちしております!
 
 ◇募集要領
  http://www.jshem.or.jp/award/eha_jsh_award/requirement.html
  ※募集締切日:2017年2月28日(火)

 ◆過去受賞者の派遣レポートもご参照ください。
  http://www.jshem.or.jp/award/eha_jsh_award/reporting.html

 ※下記よりプログラムのチラシデータをダウンロードいただけます。
  多くの方々へ紹介いただければありがたく存じます。
  http://www.jshem.or.jp/news/data/EHA-JSHexchangeprogram_flyer.pdf

 
国際委員会
委員長 三谷 絹子

-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-
◆血液疾患症例登録(2016年度分)の登録締切について
-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-
2016年1月1日~12月31日に診断された新規診断症例の登録は、
2017年5月31日(水)までにお願いいたします。
登録サイト:http://ptosh.jp

2016年度新規診断症例登録に伴う血液疾患施設新規登録申請および変更申請については、
2017年4月28日(金)までにメール添付にて申請書を日本血液学会東京事務局にお送
りください。
◇詳細:http://www.jshem.or.jp/shikkan/ptosh.html

学術・統計調査委員会
委員長 松村 到

-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-
◆「臨床血液」1月号のお知らせ
-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-
◇表紙は第6回九州地方会優秀演題論文「腸管T細胞性リンパ増殖症として発症した
 活性化PI3Kδ症候群(川崎医科大学小児科学 寺西英人先生)からの写真です。
◇「Be ambitious !」第10回目は今村雅寛先生です。

日本血液学会で専門医資格更新時に必要な点数として、IJHおよび臨床血液への
論文掲載(筆頭者)で10点の取得が可能です。また新評議員申請時の条件として
IJHまたは臨床血液への論文掲載が必須となっております。
学会誌への積極的なご投稿をお待ちしております。

「臨床血液」編集委員長 小松 則夫

-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-
◆IJH編集委員長からのお知らせ
-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-
******************************
IJH投稿料について
******************************
非会員が投稿する際、国内外を問わず投稿時に投稿料20ドルをお支払いいただくこと
になりました。
実施時期については追ってHPおよびニュースレターにてお知らせします。

******************************
IJH掲載料を改定します
******************************
1月号掲載分から日本国内からの投稿は1ページあたり3,000円、海外からの投稿は25
ドルとなります。
カラー図表については従来通り無料です。

なお、投稿料および掲載料についてはクレジットカードでの支払いが可能になりま
す。
詳細はホームページおよびニュースレターにてお知らせします。

******************************
IJHがオンラインジャーナルのみになります
******************************
2016年12月号をもってIJHの紙媒体が刊行終了となりました。
2017年1月号からオンラインジャーナルのみになります。
オンラインジャーナルは下記の会員専用閲覧サイトよりご覧いただけます。
 http://www.jshem.or.jp/member/

******************************
お急ぎの論文について
******************************
学位論文や他誌でrejectになった論文などで、出版を急ぐ論文(研究論文)については、
編集委員長に電話またはメールで直接ご相談ください。
1週間以内に結論を出します。

*******************************
IJH引用のお願い
*******************************
IJHに掲載された論文の中で、引用に適すると思われる論文をまとめました。
日本血液学会HPの「IJH注目の論文」をご参照ください。
 http://www.jshem.or.jp/bulletin/ijh.html

IJHおよび他誌への投稿の際に、2015-2016年のIJHに掲載された
論文を中心に引用していただければ幸いです。

IJH編集委員長 高折 晃史

-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-
◆学術集会抄録:アーカイブ化について
-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-
第72回から第77回までの抄録が閲覧できます。
 ◇演者・所属施設・演題名で検索できます。
 ◇スマートフォンにも対応しています。

 会員専用ページからログインのうえ、ご利用下さい。
 http://www.jshem.or.jp/member/

広報委員長 木崎 昌弘

-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-
◆賞等選考委員会からのお知らせ
-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-…-
この度、三菱財団より平成29年度助成金公募のご案内が届きましたのでお知らせ
いたします。

〇自然科学研究助成
  領域:自然科学のすべての分野にかかわる独創的かつ先駆的研究を支援
  助成金額:1件2千万円以内
  採択予定件数:45件程度
  応募期間:平成29年1月10日(火)~2月7日(火)午後5時

応募を希望される会員は下記HPを参照のうえ、三菱財団へ直接お申し込みください。
 ◇詳細 http://www.mitsubishi-zaidan.jp/support/index.html

賞等選考委員会
委員長 安川 正貴

このページの先頭へ