日本血液学会

English
会員専用ページログイン
学術集会| Meetings
関連ページ
第79回日本血液学会学術集会

第65回日血総会・第45回臨血総会 大阪市 大阪国際会議場(会長:北村幸彦「日血」朝長万左男「臨血」)

更新日時:2016年12月27日
会期 平成15年8月28日~31日
会場 大阪市 大阪国際会議場
会長 北村幸彦「日血」/朝長万左男「臨血」

 

回数:第65回日血総会・第45回臨血総会
会長:内山 卓(日血)/ 朝長万左男「臨血」
都市:大阪市
会場:大阪国際会議場
開催日:平成15年8月28日~31日

教育講演

Nonmyeloablative hematopoietic stem cell transplantation for patients with hematologic malignacies Brenda M. Sandmaier
AMLの治療:新規薬の展望 竹下 明裕
CMLの分子病態とチロシンキナーゼ阻害剤 田内 哲三
成人T細胞白血病・リンパ腫の治療:化学療法・移植療法の進歩 塚崎 邦弘
The role of somatic mutations and somatic cell selection in the pathogenesis and clinical features of PNH and other clonal disorders Lucio Luzzatto
先端医療開発に必要なGMP準拠細胞プロセッシング -治療用細胞の品質及び安全性確保のために- 前川 平
悪性リンパ腫の治療戦略:化学療法 vs 造血幹細胞移植療法 渡辺 隆
成人ALLの治療戦略:Ph陽性ALLを中心に 唐渡 雅行
多発性骨髄腫の臨床:MGUSからmyelomaまで 河野 道生
TTP.VWFとADAMTS13 藤村 吉博
高齢者に対するミニ移植 吉田 喬
Classification and treatment of mastocytosis Peter Valent
ALLの分子病態と治療 木崎 昌弘
再生不良性貧血の病態と治療 小島 勢二
造血器腫瘍MRD定量の臨床応用-標準化とthreshold 宮村 耕一
再生医療の進展にともなう倫理問題 -ヒト胚性・体性幹細胞研究に関連して- 位田 隆一
NK細胞リンパ腫の治療 山口 素子
遺伝子治療の現状と課題 小澤 敬也
小児白血病の治療戦略 堀部 敬三
造血幹細胞移植後の感染症の診断と治療 権藤 久司

合同シンポジウムI

Cell therapy 司会:原田 実根・平井 久丸
Bone marrow mesenchymal cell therapy Edwin M. Horwitz
Angiogenic cell therapy Toyoaki Murohara
Polymorphic adhesion molecules mediating graft-versus-leukemia effect Akiyoshi Takami
Allogeneic hematopoietic stem cell transplantation for solid tumours Yoshinobu Kanda
Cellular therapy: The laboratory role in translating research into reality Nacy H.Collins

合同シンポジウムII

Molecular basis of hematopoiesis 司会:宮島 篤・仲野 徹
Fetal liver hematopoiesis: expansion of immature hematopoietic progenitors in vitro Atushi Miyajima
Lineage commitment and developmental plasticity in early hematopoietic precursors Koichi Akashi
Transcription factors, differentiation, and leukemia Daniel Geoffrey Tenen
Context dependent function of hematopoietic transcription factors Toru Nakano
A role of Polycomb-group genes in hematopoiesis Yoshihiro Takihara
The study of multiple NUP98-HOX fusion genes reveal common HOX dependent proliferative effects and leukemogenic potential in concert with Meis 1 Nicolas Pineault

合同シンポジウムIII

Molecular targeted therapeutics on hematologic malignancies 司会:朝長 万左男・金倉 譲
Lessons learned from differentiation therapy with all-trans retinoic acid in the JALSG APL studies Norio Asou
Antibody therapy of hematologic malignancies: Present status and future directions Kensei Tobinai
Molecularly targeted therapy in myeloid leukaemias Junia V. Melo
Expanding the lessons of molecular targeting in hematologic malignancies to solid tumor oncology: Proving the concepts with tyrosine kinase inhibition in gastrointestinal stromal tumors (GIST) George D. Demetri
Farnesyl transferase inhibitors in leukemia Jorge Cortes

合同シンポジウムIV

血液疾患治療のガイドラインを考える 司会:内山 卓・堀田 知光
特発性血小板減少性紫斑病治療ガイドラインの改定 池田 康夫
小児ITPに対する治療ガイドラインの現状とその検証 藤沢 康司
悪性リンパ腫の治療ガイドラインを考える 堀田 知光
輸血の安全性確保とガイドライン 原 宏
トランスレーショナルリサーチの研究倫理と指針-G-CSF開発研究などの経験を通して- 浅野 茂隆
感染症診療の原則とガイドライン 青木 眞

学会シンポジウムⅠ

造血器腫瘍:形態診断から遺伝子診断まで -WHO分類をめぐって 司会:上田 龍三・押味 和夫
MDS: FAB to MIC to WHO: what remains? John M. Bennett
The WHO classification of myeoloid neoplasms James W. Vardiman
AMLのWHO分類 -その有用性と課題- 栗山 一孝
臨床現場におけるWHO分類:悪性リンパ腫分類の問題点 中村 栄男
遺伝子診断の現状と問題点 直江 知樹

学会シンポジウムII

赤血球研究の進歩 司会:山本 雅之・高桑 雄一
赤血球膜を内側から眺める:膜骨格の機能とその異常 高桑 雄一
脱核とその異常 長田 重一
Regulation of the activity of the transcription factor GATA1 in erythropoiesis Sjaak Philipsen
赤血球造血と自然免疫 澤田 賢一
赤血球・巨核球系転写因子GATA-1の変異と小児白血病 伊藤 悦朗

学会シンポジウムIII

MDS診断と治療:本邦におけるMDS診療のガイドライン作成に向けて 司会:金丸 昭久・大屋敷 一馬
MDSのFAB/WHO分類と治療の概要 金丸 昭久
WHO分類のRefratory anemia (RA)とRefractory cytopenia with multilineage dysplasia (RCMD)、および日独症例の比較 松田 晃
Predicting response of patients with myelodysplastic syndrome to antithymocyte globulin (ATG) by T cell clonal dominance Jeffrey J. Molldrem
Low-risk MDSに対する免疫抑制療法:反応性マーカー 中条 達也
High-risk MDSの治療:化学療法 伊藤 良和
Treatment strategies for myelodysplastic syndromes Ghulam J. Mufti

学会シンポジウムIV

血管病変をめぐる新たな展開 司会:冨山 佳昭・小嶋 哲人
血管内皮の細胞生物学 西川 伸一
ヒトの血管病変と病的血栓形成 上田 真喜子
生理的血流下での壁血栓形成メカニズム 杉本 充彦
血栓形成とβ3インテグリン活性化 柏木 浩和
血栓形成・血管病変のin vivo分子機構 山本 晃士
関連ページ
このページの先頭へ