日本血液学会

English
会員専用ページログイン
学術集会・セミナー| Meetings & Seminars
関連ページ
第79回日本血液学会学術集会

第58回 宇都宮市 栃木県総合文化センター他(会長:三浦 恭定)

更新日時:2016年12月27日
会期 平成8年4月17日~19日
会場 宇都宮市 栃木県総合文化センター他
会長 三浦 恭定

 

会長講演

血液幹細胞研究の成果と将来 三浦 恭定

特別講演

Genetic Control of Blood Cell Development Stuart H.Orkin
アポトーシス研究の進歩 長田 重一

宿題講演

マクロファージ調節因子 元吉 和夫
PNH研究の進歩 木谷 照夫

総説講演

造血幹細胞の増幅と移植への応用 中畑 龍俊
TGF-β受容体とシグナル伝達 宮園 浩平
骨髄腫診療の進歩 戸川 敦
Allogeneic Peripheral Blood Progenitor Cells-Current Status and Future Directions Norbert Schmitz
外因系血液凝固機構の進歩 岩永 貞昭
血液疾患による感染症:診断と治療の進歩 吉田 稔
造血器腫瘍の遺伝子異常:融合遺伝子 垣塚 彰
Thrombophilia の分子病態 鈴木 宏治
ゲノムの不安定化と造血器悪性腫瘍:テロメアクライシス 石川 冬木
リンパ増殖性疾患の分子病態(REAL分類以降の研究方向) 森 茂郎
血小板・内皮細胞とShear Stress 池田 康夫
免疫学的機序による再生不良性貧血 中尾 眞二

シンポジウムI

巨核球血小板産生とトロンボポエチン 司会:溝口 秀昭・大熊 稔
トロンボポエチンのクローニングから臨床応用まで  宮崎 洋・加藤 尚志
トロンボポエエチンなどのサイトカインとヒト巨核球産生 寺村 正尚
白血病細胞とトロンボポエチン  松村 到・金倉 譲
巨核球細胞の分化シグナル伝達  小松 則夫
トロンボポエチンの情報伝達機構-ヒト血小板とc-Mpl強制発現細胞株を用いて-  宮川 義隆・小田 淳
トロンボポエチンによる血小板活性化の制御機構  江角 泰治・高山 博史

シンポジウムII

細胞周期の調節と血液疾患 司会:朝長万左男・松七五三 仁
マクロファージにおけるG1期制御とCdkインヒビター 高橋 浩之・中西 真
細胞周期依存性pRB不活化機構-その破錠と細胞癌化-  畠山 昌則
サイトカインと細胞周期調節因子 安藤 潔・森 毅彦
cdc2遺伝子の転写制御と血液細胞の分化・癌化・アポトーシス  古川 雄祐
造血器悪性腫瘍における細胞周期制御因子の異常 小川 誠司・半下石 明
成人T細胞白血病の細胞回転とp15/p16遺伝子の不活化  山田 恭暉・八田 善弘

シンポジウムIII

造血器腫瘍治療の選択 司会:大野竜三・原田実根
多施設共同前方向研究の成績からみた薬物療法の適応と限界  栗山 一孝
Registry dataからみた骨髄移植療法の適応と限界  岡本真一郎
成人急性骨髄性白血病 第1寛解期における薬物療法か骨髄移植療法かの選択  森島 泰雄
成人急性リンパ性白血病 第一寛解期における治療法の選択 -Matched-pair analysisによる化学療法と骨髄移植との比較- 王 伯銘・中村 博敏
慢性骨髄性白血病インターフェロン療法の適応と限界  大西 一功・大野 竜三
現状における末梢血幹細胞移植の適応と限界  権藤 久司・原田 実根

シンポジウムIV

MDSの病態研究-現状と展望 司会:吉田弥太郎・平井 久丸
MDSの頻度と発生要因  清水 弘之
MDS臨床病態の経時変化  小熊 茂・吉田弥太郎
染色体異常、テロメア、そしてテロメラーゼ  大屋敷一馬・大屋敷純子
MDSにおけるクロナリティー検索の意義と限界  槍澤 大樹・厨 信一郎
MDSにおける遺伝子異常  三谷 絹子・神田 善伸
癌抑制遺伝子IRF-1とMDS 田中 信之・谷口 維昭

シンポジウムV

線溶系の新しい切り口 司会:坂田 洋一・寺尾 俊彦
組織破壊カスケードネットワークの構築:受容体結合リン酸化uPAとマトリックスメタロプロテイナーゼ(MMP)活性化  高橋 敬
レチノイドによる線溶活性の調節  小嶋 聡一
線溶阻害による癌転移の制御  小林 浩
スタフィロキナーゼのプラスミノゲン活性化機構 窓岩 清治・坂田 洋一
アポリポプロテイン(a)とその関連遺伝子の肝細胞及び他の組織・細胞での発現 一瀬 白帝・高畠 典明

会長シンポジウム

造血器疾患の分子医学・最近の進歩 司会:小澤敬也・内山 卓
造血器腫瘍におけるDDC癌抑制遺伝子の異常  猪口 孝一
c-kit活性化突然変異と造血器腫瘍 北山 等
JAK3欠損マウスにおけるリンパ球発生異常 野坂 哲哉・James N.Ihle
発作性夜間血色素尿症(PNH)クローンの特性 川口 辰哉・中熊 秀喜
赤血球酵素異常症の遺伝子解析と治療法開発に向けての基礎研究  菅野 仁
遺伝子治療のための基盤技術;AAVベクター開発と遺伝子導入造血幹細胞の体内選択的増幅法 小笠原洋治・伊藤 慶子
先天性α2-プラスミンインヒビター欠損症における分泌障害に関する検討  大橋 一輝・広沢 信作
関連ページ
このページの先頭へ