日本血液学会

English
会員専用ページログイン
学術集会| Meetings
関連ページ
第79回日本血液学会学術集会

第14回 (昭47) 日本臨床血液学会総会(会長:白石 忠雄)

更新日時:2016年12月27日
会期 昭和47年10月2日~3日
会場 北海道 北海道大学 札幌市民会館 
会長 白石 忠雄

 

会長講演

白血病における Aldolase Isoenzyme 白石 忠雄

特別講演

1) 癌と貧血 漆崎 一朗
2) 自己免疫性溶血性貧血 深瀬 政市

教育講演

1) 白血病の集中発生をめぐって-白血病の疫学- 小林 博
2) 急性白血病の Cytokinetics 大北 威

シンポウムI

リンパ球幼若化現象の基礎と臨床 長村 重之
各種物質によるリンパ球幼若化 宇多小路 正
リンパ球のHeterogenity 宍戸 英雄
リンパ球と抗体産生 若林 芳久・高久 史麿
免疫不全症候群とリンパ球の若返り現象 森 陽一・松田 実
アレルギー疾患とリンパ球の芽球化 早川 浩・林 河宏
感染症と芽球化 斎藤 秀晁

シンポウムII

赤血球代謝と血漿蛋白 奥田 邦雄・谷内 昭
トランスフェリンの機能と病態 小鶴 三男
ハプトグロビンの生理活性 笹月 健彦
血液疾患におけるハプトグロビン 瀬崎 達雄
赤血球代謝とceruloplasmin 清水 盈行
トランスコバラミン下分屑の分離と特性 福田 守道
トランスコバラミンとB12の存在形態 田中 信夫
関連ページ
このページの先頭へ