日本血液学会

English
会員専用ページログイン
学会賞| Award
関連ページ
第80回日本血液学会学術集会

21st EHA Congress Travel Award 受賞レポート 藤 重夫

更新日時:2017年1月5日

 藤 重夫

名前:藤 重夫【国立がん研究センター中央病院】
発表日時:2016年6月12日
発表形式:口演

Title:

Pretransplant Anti-CCR4 antibody against ATLL was associated with significantly increased risks of severe/steroid-refractory GVHD, non-relapse mortality and overall mortality

Authors:
Shigeo Fuji1, Yoshitaka Inoue1,2, Atae Utsunomiya3, Yukiyoshi Moriuchi4, Kaoru Uchimaru5, Ilseung Choi6, Eiichi Otsuka7, Hideho Henzan8, Koji Kato9, Takeaki Tomoyose10, Hisashi Yamamoto11, Saiko Kurosawa1, Kenichi Matsuoka12, Takuhiro Yamaguchi13, and Takahiro Fukuda1

Affiliations:
1Department of Hematopoietic Stem Cell Transplantation, National Cancer Center Hospital, Tokyo, Japan
2Department of Hematology, Kumamoto University Hospital, Kumamoto, Japan
3Department of Hematology, Imamura Bun-in Hospital, Kagoshima, Japan
4Department of Hematology, Sasebo City General Hospital, Sasebo, Japan
5Department of Hematology/Oncology, Institute of Medical Science, The University of Tokyo, Tokyo, Japan
6Department of Hematology, National Hospital Organization Kyushu Cancer Center, Fukuoka, Japan
7Department of Hematology, Oita Prefectural Hospital, Oita, Japan
8Department of Hematology, Hamanomachi Hospital, Fukuoka, Japan
9Department of Medicine and Biosystemic Science, Kyushu University Graduate School of Medical Sciences, Fukuoka, Japan.
10Second Department of Internal Medicine, University of the Ryukyus, Okinawa, Japan
11Department of Hematology, Toranomon Hospital, Tokyo, Japan
12Department of Hematology and Oncology, Okayama University Graduate School of Medicine, Dentistry, and Pharmaceutical Sciences, Okayama, Japan
13Division of Biostatistics, Tohoku University Graduate School of Medicine, Sendai, Japan

Abstract:

Background
Allogeneic hematopoietic stem cell transplantation (allo-HSCT) is one important treatment option for patients with aggressive adult T cell leukemia/lymphoma (ATLL). Mogamulizumab (anti-CCR4 monoclonal antibody; Mog) was recently approved as a treatment for ATLL. There are major concerns regarding the possible adverse effects of pretransplant Mog, as Mog depletes regulatory T cells for several months.

Aims
Here, we aimed to assess the impact of pretransplant Mog on the clinical outcomes after allo-HSCT.

Methods
We included 996 allo-SCT recipients aged 70 years old or younger with aggressive ATLL who were diagnosed between 2000 to 2013, and received intensive chemotherapy using multiple chemotherapeutic drugs as first-line therapy. Before allo-HSCT, 82 patients received Mog with a median interval 45 days from the last Mog to allo-SCT.

Results
Pretransplant Mog was associated with an increased risk of grade III-IV acute GVHD (30.9% vs. 17.2%, P < 0.01) and refractoriness to systemic steroid for acute GVHD (48.9% vs. 23.5%, P < 0.01). The cumulative incidence of 1-year non-relapse mortality was significantly higher in patients with pretransplant Mog compared to those without Mog (43.7% vs. 25.1%, P < 0.01). The probability of 1-year overall survival was also significantly inferior in patients with pretransplant Mog compared to those without Mog (49.4% vs. 32.3%, P < 0.01). In particular, use of Mog with intervals < 50 days to allo-HSCT was associated with an dismal clinical outcome.

Summary/conclusions
Our study clearly showed that pretransplant Mog before allo-HSCT significantly worsened the clinical outcome, which strongly support the important relevance of Tregs in allo-HSCT in humans as in animal models. In clinical practice, Mog should be cautiously used for patients with ATLL who are eligible for allo-HSCT.

EHA2016参加レポート

この度は21th EHA congress参加にあたり、日本血液学会 EHA travel awardに採択して頂き、誠にありがとうございました。

今回の学会はデンマークのコペンハーゲンにて開催されました。コペンハーゲンでは市街地の味わい深い古い街並みもヨーロッパの都市らしい趣がありましたが、会場に向かうメトロから眺める郊外の景色でもモダンなデザインの建物が多く見どころがたくさんありました。

今回の学会では私の専門とする造血幹細胞移植に関連した話題は限られておりましたが、CAR-Tやcheckpoint inhibitorを含めた新薬の発展が目覚ましく、今後移植の立ち位置が大きく変わる可能性を感じました。その中でも“移植か新薬か”というようなdebateのセッションではどちらかを選択するというよりも両者をうまく組み合わせることで治療成績を高めるというのが重要だろうという座長の先生のコメントが印象に残っています。今後は移植法単独ではなく様々な新薬と移植法のより良いcombinationを考えていくことの重要性を再認識することができました。

そういった中で私自身は今回、成人T細胞白血病リンパ腫(ATL)に対する同種造血幹細胞移植前の抗CCR4抗体(Mogamulizumab)投与の影響に関する検討について発表させていただきました。急性型およびリンパ腫型のATL(aggressive ATL)は化学療法だけでは長期生存を得られる可能性が非常に低く、同種移植が一般的に勧められますが、化学療法の効果が不十分な例も多くそういった例で抗CCR4抗体が広く用いられてきています。しかし、抗CCR4抗体は正常の制御性T細胞も除去することが知られており、また半減期が長い為に移植前に使用した場合に移植後も制御性T細胞を除去し、移植後GVHDなどの合併症を増やすことが懸念されていました。今回私たちのグループでは全国の血液内科の先生方の協力で作り上げたATLのデータベースより移植施行例996例のデータを抽出し、その中で抗CCR4抗体の影響について解析を行いました。結果は抗CCR4抗体投与歴がある例では重症・難治性のGVHDが多く、治療関連死亡が有意に多く、全生存割合も有意に悪いという結果でした。最終抗CCR4抗体投与から移植までの期間が短い(本解析では50日未満)例では特に予後不良でした。この結果から同種移植前の抗CCR4抗体投与は避けた方が良いということが示唆されました。ただし、ATLのコントロールがつかず移植適応とならない例の中にも抗CCR4抗体を投与することで疾患コントロールができ移植適応となる例も経験されます。その為、今後は移植前に抗CCR4抗体投与を行った場合の同種移植法に関しての検討も必要と考えられました。

今回、EHA travel awardとして採択して頂き大変光栄に思っております。血液領域の最新の情報について広く学ぶことができました。このような機会を与えて頂きました日本血液学会事務局及び国際委員会の諸先生方に心より感謝申し上げます。また、日頃よりご指導頂いている福田 隆浩先生、本研究に関わって頂いた全ての皆様にこの場を借りて厚く御礼申し上げます。

EHA Congress Travel Award 受賞者一覧ページへ戻る

関連ページ
このページの先頭へ