日本血液学会 造血器腫瘍診療ガイドライン2018年版

造血器腫瘍診療ガイドライン 2018年版

訂正履歴

冊子体をお持ちの方は,下記のようにご訂正いただきたくお願いいたします。なお,WEB版では修正されています。

日時 ページ
2019.3.6 134 15)Barr PM, et al. Sustained efficacy and detailed clinical follow-up of first-line ibrutinib treatment in older patients with chronic lymphocytic leukemia: extended phase 3 results from RESONATE-2. Haematologica. 2018;103(9):1502-10 15)Barr P et. al. Updated Efficacy …….. chronic lymphocytic leukemia/small lymphocytic leukemia. Abstract 524
2019.2.22 348 BLd療法(BOR, LEN, DEX)をLd療法と比較したSWOG S0777試験では BLd療法(BOR, LEN, DEX)をBd療法と比較したSWOG S0777試験では
2019.1.22 287 病期分類には,ほかの悪性リンパ腫と同様にLugano分類が用いられる。 病期分類には,ほかの悪性リンパ腫と同様にAnn Arbor分類が用いられる。
2019.1.22 289 CQ1 初発鼻腔周辺限局期(IE期および頸部リンパ節浸潤までのⅡE期)ENKLに対して最も勧められる治療は何か CQ1 初発鼻腔周辺限局期(頸部リンパ節浸潤までのⅡE期)ENKLに対して最も勧められる治療は何か
2019.1.22 126 アルゴリズムに「イブルチニブ」を追加  
2019.1.22 126 *6:イブルチニブは印刷物のガイドライン発刊時は初回治療は保険適用外であったが、2018年より初回治療も保険適用となった」を追加  
このページの先頭へ