第80回日本血液学会学術集会

English

プログラム

 日程表

PDFを閲覧・プリントするには、Adobe Readerが必要です。
最新バージョンのダウンロードをお勧めいたします。

Ⓔ = English Session

会長講演

10月12日(金)13:50-14:20 第1会場(大阪国際会議場 5F大ホール)

Tyrosine kinase as a therapeutic target in hematologic malignancies
座長: 金倉 譲
(大阪大学大学院医学系研究科 血液・腫瘍内科学)
演者: 松村 到
(近畿大学医学部 血液・膠原病内科)

ASH Special Lecture

10月13日(土)11:20-12:00 第1会場(大阪国際会議場 5F大ホール)

Advances in gene therapy for nonmalignant blood disorders
座長: 宮﨑 泰司
(長崎大学 原爆後障害医療研究所 血液内科学研究分野)
演者: Alexis A Thompson
(Pediatrics, Division of Hematology-Oncology, Ann and Robert H. Lurie Children's Hospital of Chicago, Northwestern University, United States of America)

EHA Special Lecture

10月12日(金)11:20-12:00 第1会場(大阪国際会議場 5F大ホール)

Recent therapeutic algorithms in multiple myeloma
座長: 木崎 昌弘
(埼玉医科大学総合医療センター 血液内科)
演者: Pieter Sonneveld
(Department of Hematology, Erasmus MC Cancer Institute, Netherlands)

Special Lecture

10月12日(金)14:20-15:00 第1会場(大阪国際会議場 5F大ホール)

制御性T細胞による免疫応答制御
Control of immune responses by regulatory T cells
座長: 赤司 浩一
(九州大学大学院 病態修復内科学)
演者: 坂口 志文
(大阪大学 免疫学フロンティア研究センター)

JSH学会賞受賞講演

10月14日(日)10:50-11:30 第1会場(大阪国際会議場 5F大ホール)

第VIII因子の解明とFVIIIa代替バイスペシフィック抗体製剤の開発への道
座長: 赤司 浩一
(九州大学大学院 病態修復内科学)
演者: 嶋 緑倫
(奈良県立医科大学 小児科)

Plenary Session

10月13日(土)13:10-14:40 第1会場(大阪国際会議場 5F大ホール)

座長: 豊嶋 崇徳
(北海道大学大学院医学研究院 内科系部門内科学分野 血液内科学教室)
  張替 秀郎
(東北大学大学院医学系研究科 血液・免疫病学分野)
O-GlcNAc化による造血幹細胞ミトコンドリアダイナミクスの制御
演者: 村上 紘一
(慶應義塾大学血液内科)
骨髄系腫瘍におけるDDX41胚細胞および体細胞変異の機能解析
演者: 昆 彩奈
(京都大学 腫瘍生物学講座)
ダウン症児に発症する巨核芽球性白血病におけるエピゲノム異常
演者: 渡辺 亮
(京都大学 iPS細胞研究所)
急性骨髄性白血病の寛解期に検出される遺伝子変異は微小残存病変として機能し予後予測に有効である
演者: 森田 聖美
(東京大学 血液・腫瘍内科)
慢性活動性Epstein-Barrウイルス感染症における網羅的遺伝子解析
演者: 奥野 友介
(名大病院 先端医療・臨床研究支援センター)
腸管杯細胞は移植片対宿主病のバイオマーカーであり、その増殖因子IL-25は移植片対宿主病を軽減する
演者: 荒 隆英
(北海道大学 血液内科)

Presidential Symposium

10月12日(金)15:10-17:20 第1会場(大阪国際会議場 5F大ホール)

造血器腫瘍に対する分子標的療法の最先端
Cutting edge of molecular target therapy for hematologic malignancies
座長: Cortes JE
(MD Anderson Cancer Center, USA)
松村 到
(近畿大学医学部 血液・膠原病内科)
演者: Hartmut Döhner
(Department of Internal Medicine III, University Hospital Ulm, Germany)
Daniel Pollyea
(Division of Hematology, University of Colorado School of Medicine, USA,University of Colorado School of Medicine, Division of Hematology, USA)
髙橋 直人
(秋田大学 血液内科)
Katja C Weisel
(Hematology, Oncology and Immunology, University of Tuebingen, Germany)

Asian Joint Panel Discussion

10月14日(日)8:30-10:40 第2会場(大阪国際会議場 5F小ホール)

B-cell malignancy including multiple myeloma
座長: 鈴宮 淳司
(島根大学医学部附属病院 先端がん治療センター/腫瘍・血液内科)
Wichai Prayoonwiwat
(Thai Society of Hematology, Thailand)
演者: Sumeet Gujral
(Pathology, Tata Memorial Hospital, Mumbai, India)
Shang-Ju Wu
(Hematology Division, Department of Internal Medicine, National Taiwan University Hospital, Taiwan)
Wonseog Kim
(Samsung Medical Center, Seoul, Korea)
Jin Lu
(Department of Hematology, Peking University People’s Hospital, China)
Michelle Limei Poon
(Department of Haematology-Oncology, NCIS, MOHS, Department of Medicine, YLLSOM, NUS)
Lalita Norasetthada
(Division of Hematology, Department of Internal Medicine, Faculty of Medicine, Chiang Mai University, Thailand)
丸山 大
(国立がん研究センター中央病院 血液腫瘍科)

シンポジウム

シンポジウム1

10月12日(金)9:00-11:10 第1会場(大阪国際会議場 5F大ホール)

増えたLPD/Indolent lymphomaに病理医と臨床医はどう対応すべきか:WHO分類改訂を踏まえて
Pathological diagnosis and clinical management of lymphoproliferative disorders and indolent lymphomas in the era of WHO classification 2016
座長: 塚崎 邦弘
(埼玉医科大学国際医療センター 造血器腫瘍科)
柴山 浩彦
(大阪大学大学院医学系研究科 血液・腫瘍内科)
演者: Elaine S. Jaffe
(Hematopathology Section, Laboratory of Pathology, Center for Cancer Research, National Cancer Institute, MD, USA)
竹内 賢吾
(公益財団法人がん研究会 がん研究所 病理部)
Hermine Olivier
(Hematology, Paris Descartes University Imagine Institute, France)
得平 道英
(埼玉医科大学総合医療センター)
河本 啓介
(新潟大学医歯学総合病院 高密度無菌治療部)

シンポジウム2

10月12日(金)9:00-11:10 第2会場(大阪国際会議場 5F小ホール)

細胞運命決定-多面的な造血制御-
Cell Fate Decision: Intrinsic and extrinsic regulation of hematopoiesis
座長: 新井 文用
(九州大学大学院医学研究院 応用幹細胞医科学部門 幹細胞再生修復医学分野)
平尾 敦
(金沢大学がん進展制御研究所)
演者: 淺田 騰
(岡山大学病院 血液・腫瘍内科)
髙山 直也
(千葉大学イノベーション再生医学、Princess Margaret Cancer Centre, University Health Network, Toronto, Ontario, Canada)
山﨑 聡
(東京大学医科学研究所)
Timm Schroeder
(D-BSSE, Basel, ETH Zurich, Switzerland)
Emmanuelle Passegué
(Director, Columbia Stem Cell Initiative Alumni Professor of Genetics & Development (in Rehabilitation and Regenerative Medicine) Columbia University Medical Center, USA)

シンポジウム3

10月12日(金)15:10-17:20 第2会場(大阪国際会議場 5F小ホール)

血栓止血領域の抗体療法
Antibody therapy for disorders of thrombosis and hemostasis
座長: 松本 雅則
(奈良県立医科大学 輸血部)
村田 満
(慶應義塾大学医学部 臨床検査医学)
演者: 野上 恵嗣
(奈良県立医科大学 小児科)
Marie Ann Scully
(Haematology, Universit College Hospital, UK)
宮川 義隆
(埼玉医科大学病院 血栓止血センター)
Flora Peyvandi
(Angelo Bianchi Bonomi Hemophilia and Thrombosis Center, Universit degli Studi di Milano, Italy)

シンポジウム4(JSH-EHA Joint Symposium)

10月13日(土)9:00-11:10 第1会場(大阪国際会議場 5F大ホール)

TKI中止を目指して:CMLにおける抗腫瘍免疫システムの役割
Path to TFR: Role of immune system in CML
座長: Pieter Sonneveld
(Erasmus MC Cancer Institute, Netherlands)
小松 則夫
(順天堂大学医学部 内科学血液学講座)
演者: Ingo Roeder
(Institute for Medical Informatics and Biometry (IMB), Technische Universitt Dresden, Carl Gustav Carus Faculty of Medicine, Germany,National Center for Tumor Diseases (NCT), Partner Site Dresden, Germany)
西川 博嘉
(国立がん研究センター 研究所 腫瘍免疫研究分野/先端医療開発センター 免疫トランスレーショナルリサーチ分野)
今川 潤
(東広島医療センター)
Satu Mustjoki
(Hematology Research Unit, University of Helsinki, Finland)

シンポジウム5

10月13日(土)9:00-11:10 第2会場(大阪国際会議場 5F小ホール)

がん素因と造血免疫障害:小児から成人まで
Cancer predisposition and hemato/immunological defect: from children to adults
座長: 大賀 正一
(九州大学大学院医学研究院 成長発達医学)
真部 淳
(聖路加国際病院 小児科)
演者: Christian Kratz
(Pediatric Hematology and Oncology, Hannover Medical School, Germany)
Jong Jin Seo
(Division of Hematology-Oncology/Department of Pediatrics, Asan Medical Center, Republic of Korea)
髙田 穣
(京都大学生命科学研究科放射線生物研究センター)
石村 匡崇
(九州大学成長発達医学分野(小児科))
金兼 弘和
(東京医科歯科大学発生発達病態学分野)

シンポジウム6(ISCT Joint Symposium)

10月13日(土)14:50-17:00 第6会場(大阪国際会議場 10F1003)

がん免疫療法の新たな方向性
New direction of tumor immunotherapy
座長: Catherine M. Bollard
(Cancer and Immunology Research, Children's National Medical Center/George Washington University, USA)
髙橋 聡
(東京大学医科学研究所)
演者: 池田 裕明
(長崎大学腫瘍医学分野)
David Gottlieb
(Department of Medicine, Westmead Hospital, University of Sydney, Australia)
中沢 洋三
(信州大学小児医学教室)
Catherine M. Bollard
(Cancer and Immunology Research, Children's National Medical Center/George Washington University, USA)

シンポジウム7

10月13日(土)9:00-11:10 第10会場(大阪国際会議場 10F1009)

血液学会の輝ける若手研究者
Rising star in JSH
座長: 千葉 滋
(筑波大学 血液内科)
谷 憲三朗
(東京大学医科学研究所)
演者: 細野 奈穂子
(福井大学医学部 血液・腫瘍内科)
山内 拓司
(九州大学病院 遺伝子・細胞療法部、九州大学病院病態修復内科)
林 嘉宏
(東京薬科大学 腫瘍医科学研究室)
越智 俊元
(愛媛大学 血液・免疫・感染症内科学講座、愛媛大学プロテオサイエンスセンター)
原田 武志
(徳島大学病院 血液内科)
田村 彰吾
(名古屋大学大学院 病態解析学講座)

シンポジウム8

10月13日(土)14:50-17:00 第10会場(大阪国際会議場 10F1009)

AMLに対する新規治療戦略
Novel therapeutic strategy for AML
座長: 清井 仁
(名古屋大学大学院医学系研究科 血液・腫瘍内科学)
山内 高弘
(福井大学医学部 血液・腫瘍内科)
演者: Mark Levis
(Hematologic Malignancies/Oncology, Johns Hopkins University, USA)
宮本 敏浩
(九州大学大学院 病態修復内科学)
南 陽介
(国立がん研究センター東病院 血液腫瘍科)
Bruno C. Medeiros
(Medicine/Hematology, Stanford University, USA)
眞田 昌
(名古屋医療センター 臨床研究センター)

シンポジウム9(JSH-ASH Joint Symposium)

10月14日(日)8:30-10:40 第1会場(大阪国際会議場 5F大ホール)

骨髄不全症の新展開
Recent advances in bone marrow failure
座長: Alexis Thompson
(Ann and Robert H. Lurie Children's Hospital of Chicago, USA)
三谷 絹子
(獨協医科大学 内科学(血液・腫瘍))
演者: Danielle Townsley
(Oncology, Clinical Development, MedImmune, USA)
細川 晃平
(金沢大学附属病院 高密度無菌治療部)
村松 秀城
(名古屋大学小児科学)
Akiko Shimamura
(Dana Farber/Boston Children' s Cancer, Harvard Medical School, USA)

シンポジウム10

10月14日(日)13:50-16:00 第1会場(大阪国際会議場 5F大ホール)

造血幹細胞移植における新規治療のインパクト
Impact of innovative treatments on hematopoietic stem cell transplantations
座長: 神田 善伸
(自治医科大学 医学部 内科学講座 血液学部門)
福田 隆浩
(国立がん研究センター中央病院 造血幹細胞移植科)
演者: 森 康雄
(九州大学大学院 病態修復内科学)
吉里 哲一
(京都大学 腫瘍生物学講座)
藤 重夫
(大阪国際がんセンター 血液内科)
Franck Morschhauser
(Department of Hematology, University of Lille, France)
Marcel van den Brink
(Medicine, Memorial Sloan Kettering Cancer Center, USA)

シンポジウム11

10月14日(日)13:50-16:00 第2会場(大阪国際会議場 5F小ホール)

骨髄腫関連疾患:病態解明から新規治療戦略まで
Myeloma-related disorders: from pathogenesis to new therapeutic approach
座長: 飯田 真介
(名古屋市立大学大学院医学研究科 血液・腫瘍内科学分野)
安倍 正博
(徳島大学 血液・内分泌代謝内科学)
演者: Giovanni Palladini
(Amyloidosis Research and Treatment Center, Foundation“IRCCS Policlinico San Matteo”, and Department of Molecular Medicine, University of Pavia, Pavia, Italy)
島崎 千尋
(JCHO 京都鞍馬口医療センター 血液内科)
中世古 知昭
(国際医療福祉大学 医学部 血液内科学)
関口 直宏
(国立病院機構 災害医療センター 血液内科)
Nelson Leung
(Nephrology and Hypertension, Hematology, Mayo Clinic Rochester, USA)

教育講演

教育講演 EL1-3A

10月12日(金)9:00-9:30 第3会場(大阪国際会議場 12F特別会議場)

自己免疫性溶血性貧血と輸血療法
座長: 中尾 眞二
(金沢大学医薬保健研究域医学系 血液・呼吸器内科)
演者: 上田 恭典
(倉敷中央病院 血液内科)

教育講演 EL1-3B

10月12日(金)9:30-10:00 第3会場(大阪国際会議場 12F特別会議場)

再生不良性貧血の治療戦略
座長: 澤田 賢一
(医療法人北武会 美しが丘病院 理事)
演者: 山﨑 宏人
(金沢大学付属病院 輸血部)

教育講演 EL1-3C

10月12日(金)10:10-10:40 第3会場(大阪国際会議場 12F特別会議場)

軽症出血例への診断アプローチ-遺伝性出血性素因を見落とさないために-
座長: 嶋 緑倫
(奈良県立医科大学 小児科)
演者: 金子 誠
(東京医科大学 臨床検査医学科分野)

教育講演 EL1-3D

10月12日(金)10:40-11:10 第3会場(大阪国際会議場 12F特別会議場)

造血器悪性腫瘍に合併したDIC診療
座長: 野村 昌作
(関西医科大学 内科学第一講座)
演者: 関 義信
(新潟大学医歯学総合病院魚沼地域医療教育センター)

教育講演 EL1-3E

10月12日(金)15:10-15:40 第3会場(大阪国際会議場 12F特別会議場)

小児AMLの遺伝子異常と今後の治療の展望
座長: 足立 壯一
(京都大学大学院医学研究科 人間健康科学系専攻)
演者: 柴 徳生
(横浜市立大学 小児科学)

教育講演 EL1-3F

10月12日(金)15:40-16:10 第3会場(大阪国際会議場 12F特別会議場)

小児ALLの遺伝的背景と治療
座長: 堀部 敬三
(国立病院機構 名古屋医療センター 臨床研究センター)
演者: 加藤 元博
(国立成育医療研究センター 小児がんセンター)

教育講演 EL1-3G

10月12日(金)16:20-16:50 第3会場(大阪国際会議場 12F特別会議場)

AYA世代の造血器腫瘍の治療
座長: 石井 榮一
(愛媛大学大学院  小児科学)
演者: 関水 匡大
(国立病院機構 名古屋医療センター 小児科)

教育講演 EL1-3H

10月12日(金)16:50-17:20 第3会場(大阪国際会議場 12F特別会議場)

難治性血液疾患に対するChimeric Antigen Receptor-T(CAR-T)細胞療法
座長: 水谷 修紀
(東京医科歯科大学/川崎市北部療育センター)
演者: 平松 英文
(京都大学大学院医学研究科 発達小児科学)

教育講演 EL1-4A

10月12日(金)9:00-9:30 第4会場(大阪国際会議場 12F1202)

再生不良性貧血とクローン性造血
座長: 小島 勢二
(名古屋大学大学院医学系研究科 小児科)
演者: 牧島 秀樹
(京都大学医学部医学研究科 腫瘍生物学講座)

教育講演 EL1-4B

10月12日(金)9:30-10:00 第4会場(大阪国際会議場 12F1202)

鉄芽球性貧血の分子病態
座長: 浦部 晶夫
(NTT関東病院 顧問)
演者: 藤原 亨
(東北大学大学院医学系研究科 血液免疫病学分野)

教育講演 EL1-4C

10月12日(金)10:10-10:40 第4会場(大阪国際会議場 12F1202)

研究倫理の原則と実践
座長: 下田 和哉
(宮崎大学医学部 内科学講座消化器血液学分野)
演者: 平瀬 主税
(近畿大学医学部附属病院 臨床研究センター)

教育講演 EL1-4D

10月12日(金)10:40-11:10 第4会場(大阪国際会議場 12F1202)

日本血液学会における医学系研究の利益相反(COI)管理
座長: 前川 平
(京都大学医学部附属病院 輸血細胞治療部)
演者: 片山 直之
(三重大学医学系研究科 血液・腫瘍内科学)

教育講演 EL1-4E

10月12日(金)15:10-15:40 第4会場(大阪国際会議場 12F1202)

ヒト造血幹細胞の最新知見―ヒト造血幹細胞の純化と階層制の解明―
座長: 中島 秀明
(横浜市立大学大学院医学研究科 幹細胞免疫制御内科学)
演者: 薗田 精昭
(関西医科大学)

教育講演 EL1-4F

10月12日(金)15:40-16:10 第4会場(大阪国際会議場 12F1202)

炎症と造血
座長: 須田 年生
(熊本大学国際先端医学研究機構)
演者: 滝澤 仁
(熊本大学 国際先端医学研究機構)

教育講演 EL1-4G

10月12日(金)16:20-16:50 第4会場(大阪国際会議場 12F1202)

転写因子ネットワークによる血液細胞分化の調節とその病態
座長: 黒川 峰夫
(東京大学医学部附属病院 血液・腫瘍内科)
演者: 五十嵐 和彦
(東北大学大学院 医学系研究科 生物化学分野 疾患エピゲノムコアセンター)

教育講演 EL1-4H

10月12日(金)16:50-17:20 第4会場(大阪国際会議場 12F1202)

ニッチ機能による組織常在マクロファージの分化と機能の制御
座長: 安川 正貴
(愛媛大学大学院医学系研究科 血液・免疫・感染症内科学)
演者: 橋本 大吾
(北海道大学大学院医学研究院 血液内科)

教育講演 EL1-6A

10月12日(金)9:00-9:30 第6会場(大阪国際会議場 10F1003)

クローン性造血と造血器腫瘍
座長: 北林 一生
(国立がん研究センター研究所 造血器腫瘍研究分野)
演者: 北村 俊雄
(東京大学医科学研究所)

教育講演 EL1-6B

10月12日(金)9:30-10:00 第6会場(大阪国際会議場 10F1003)

CBF-AMLの分子病態と治療
座長: 朝長 万左男
(日本赤十字社長崎原爆病院 名誉院長)
演者: 石川 裕一
(名古屋大学大学院医学系研究科 血液・腫瘍内科学)

教育講演 EL1-6C

10月12日(金)10:10-10:40 第6会場(大阪国際会議場 10F1003)

APL治療の最前線
座長: 宮脇 修一
(東京都立大塚病院 輸血科(血液内科))
演者: 木口 亨
(中国中央病院 血液内科)

教育講演 EL1-6D

10月12日(金)10:40-11:10 第6会場(大阪国際会議場 10F1003)

AML治療における新規薬剤
座長: 薄井 紀子
(東京慈恵会医科大学 腫瘍・血液内科)
演者: 山内 高弘
(福井大学 血液・腫瘍内科)

教育講演 EL1-6E

10月12日(金)15:10-15:40 第6会場(大阪国際会議場 10F1003)

日本血液学会造血器腫瘍診療ガイドライン2018年版: リンパ腫
座長: 堀田 知光
(公益財団法人 がん研究振興財団)
演者: 永井 宏和
(国立病院機構 名古屋医療センター)

教育講演 EL1-6F

10月12日(金)15:40-16:10 第6会場(大阪国際会議場 10F1003)

新ガイドラインにおける再発・難治性骨髄腫の治療戦略
座長: 谷脇 雅史
(京都府立医科大学 分子診断治療センター)
演者: 尾崎 修治
(徳島県立中央病院 血液内科)

教育講演 EL1-6G

10月12日(金)16:20-16:50 第6会場(大阪国際会議場 10F1003)

非寛解期白血病に対する臍帯血移植
座長: 日野 雅之
(大阪市立大学 血液腫瘍制御学)
演者: 内田 直之
(虎の門病院 血液内科)

教育講演 EL1-6H

10月12日(金)16:50-17:20 第6会場(大阪国際会議場 10F1003)

非血縁者間末梢血幹細胞の本邦への導入と現状
座長: 谷口 修一
(虎の門病院 血液内科)
演者: 宮村 耕一
(名古屋第一赤十字病院 血液内科)

教育講演 EL2-1A

10月13日(土)14:50-15:20 第1会場(大阪国際会議場 5F大ホール)

骨髄腫の免疫病態と抗体薬の使い分け
座長: 島崎 千尋
(地域医療機能推進機構 京都鞍馬口医療センター 血液内科 院長)
演者: 田村 秀人
(日本医科大学 血液内科)

教育講演 EL2-1B

10月13日(土)15:20-15:50 第1会場(大阪国際会議場 5F大ホール)

再発・難治性骨髄腫の治療における新規プロテアソーム阻害の役割
座長: 村上 博和
(群馬大学大学院保健学研究科)
演者: 李 政樹
(名古屋市立大学大学院 医学研究科 血液・腫瘍内科学)

教育講演 EL2-3A

10月13日(土)9:00-9:30 第3会場(大阪国際会議場 12F特別会議場)

ALLの治療戦略
座長: 大竹 茂樹
(金沢大学)
演者: 小林 幸夫
(国際医療福祉大学 三田病院 血液内科)

教育講演 EL2-3B

10月13日(土)9:30-10:00 第3会場(大阪国際会議場 12F特別会議場)

成人Ph+ ALLの治療
座長: 前田 裕弘
(国立病院機構 大阪南医療センター 血液内科 副院長)
演者: 鬼塚 真仁
(東海大学医学部 血液・腫瘍内科)

教育講演 EL2-3C

10月13日(土)10:10-10:40 第3会場(大阪国際会議場 12F特別会議場)

慢性GVHDについての最新知見
座長: 小寺 良尚
(愛知医科大学医学部 造血細胞移植振興寄附講座)
演者: 稲本 賢弘
(国立がん研究センター中央病院 造血幹細胞移植科)

教育講演 EL2-3D

10月13日(土)10:40-11:10 第3会場(大阪国際会議場 12F特別会議場)

造血幹細胞移植後のTMA診療
座長: 今村 雅寛
(札幌北楡病院 血液内科 顧問)
演者: 池添 隆之
(福島県立医科大学 血液内科学講座)

教育講演 EL2-3E

10月13日(土)14:50-15:20 第3会場(大阪国際会議場 12F特別会議場)

CML治療における有害事象
座長: 東條 有伸
(東京大学医科学研究所 分子療法分野)
演者: 田内 哲三
(東京医科大学 血液内科)

教育講演 EL2-3F

10月13日(土)15:20-15:50 第3会場(大阪国際会議場 12F特別会議場)

慢性骨髄性白血病の治癒を目指したチロシンキナーゼ阻害薬の中止試験-その現状と展望
座長: 大西 一功
(日本赤十字社 東海北陸ブロック血液センター)
演者: 熊谷 隆志
(青梅市立総合病院 血液内科)

教育講演 EL2-3G

10月13日(土)16:00-16:30 第3会場(大阪国際会議場 12F特別会議場)

多発性骨髄腫に対するCAR-T療法の開発
座長: 畠 清彦
(国際医療福祉大学 三田病院 血液内科)
演者: 保仙 直毅
(大阪大学大学院医学系研究科 癌幹細胞制御学)

教育講演 EL2-3H

10月13日(土)16:30-17:00 第3会場(大阪国際会議場 12F特別会議場)

多発性骨髄腫における微小残存病変検査とその臨床的意義
座長: 鈴木 憲史
(日本赤十字社医療センター 血液内科)
演者: 髙松 博幸
(金沢大学 医薬保健研究域医学系 血液・呼吸器内科)

教育講演 EL2-4A

10月13日(土)9:00-10:00 第4会場(大阪国際会議場 12F1202)

がん微小環境と腫瘍免疫の最前線
座長: 珠玖 洋 
(三重大学大学院医学系研究科 遺伝子・免疫細胞治療学 / 三重大学複合的がん免疫療法研究センター)
演者: 藤原 弘
(愛媛大学医学部附属病院 第一内科)

教育講演 EL2-4B

10月13日(土)10:10-11:10 第4会場(大阪国際会議場 12F1202)

Novel treatments for AML (tentative)
座長: 直江 知樹
(国立病院機構 名古屋医療センター 院長)
演者: Cortes JE
(MD Anderson Cancer Center, USA)

教育講演 EL2-4C

10月13日(土)14:50-15:50 第4会場(大阪国際会議場 12F1202)

造血器腫瘍におけるクリニカル・シークエンス
座長: 南 博信
(神戸大学大学院医学研究科 腫瘍・血液内科)
演者: 前田 高宏
(九州大学病院 遺伝子・細胞療法部)

教育講演 EL2-4D

10月13日(土)16:00-17:00 第4会場(大阪国際会議場 12F1202)

ATLの遺伝子解析とその臨床応用
座長: 渡邉 俊樹
(聖マリアンナ医科大学 大学院医学研究科 先端医療開発学(2018.3月末まで)
東京大学医科学研究所 先端医療研究センター 分子療法分野(2018.4月以降))
演者: 片岡 圭亮
(国立がん研究センター研究所 分子腫瘍学)

教育講演 EL2-5A

10月13日(土)16:00-16:30 第5会場(大阪国際会議場 12Fグラントック)

低リスクMDSの治療
座長: 金丸 昭久
(医療法人春秋会 城山病院 造血器疾患治療開発研究所)
演者: 森田 泰慶
(近畿大学医学部 血液・膠原病内科)

教育講演 EL2-5B

10月13日(土)16:30-17:00 第5会場(大阪国際会議場 12Fグラントック)

高リスクMDSの新規治療
座長: 大野 竜三
(愛知県がんセンター)
演者: 南谷 泰仁
(京都大学医学部 腫瘍生物学)

教育講演 EL2-6A

10月13日(土)9:00-9:30 第6会場(大阪国際会議場 10F1003)

濾胞性リンパ腫―最近の動向―
座長: 鈴宮 淳司
(島根大学医学部附属病院 先端がん治療センター/腫瘍・血液内科)
演者: 安藤 潔
(東海大学医学部 血液・腫瘍内科)

教育講演 EL2-6B

10月13日(土)9:30-10:00 第6会場(大阪国際会議場 10F1003)

DLBCL/HGBCLの診断と治療戦略
座長: 飛内 賢正
(国立がん研究センター中央病院)
演者: 丸山 大
(国立がん研究センター中央病院 血液腫瘍科)

教育講演 EL2-6C

10月13日(土)10:10-10:40 第6会場(大阪国際会議場 10F1003)

ATL診療の到達点、そしてこれから
座長: 上田 龍三
(愛知医科大学)
演者: 石田 高司
(岩手医科大学医学部 内科学講座 血液腫瘍内科分野)

教育講演 EL2-6D

10月13日(土)10:40-11:10 第6会場(大阪国際会議場 10F1003)

初発ホジキンリンパ腫の治療戦略―最新エビデンス―
座長: 石澤 賢一
(山形大学医学部 内科学第三講座)
演者: 楠本 茂
(名古屋市立大学大学院医学研究科 血液・腫瘍内科学)

教育講演 EL2-14A

10月13日(土)9:00-10:00 第14会場(大阪国際会議場 8F801-2)

小児MDS/MPNの病態研究の進歩
座長: 小池 健一
(厚生連 南長野医療センター 篠ノ井総合病院 統括院長)
演者: 吉田 健一
(京都大学大学院医学研究科 腫瘍生物学講座)

教育講演 EL2-14B

10月13日(土)10:10-10:40 第14会場(大阪国際会議場 8F801-2)

HMGA2とMPN
座長: 猪口 孝一
(日本医科大学 血液内科)
演者: 池田 和彦
(福島県立医科大学 医学部 輸血・移植免疫学講座)

教育講演 EL2-14C

10月13日(土)10:40-11:10 第14会場(大阪国際会議場 8F801-2)

MDS/MPNの病理像
座長: 石川 淳
(大阪国際がんセンター 血液内科)
演者: 茅野 秀一
(埼玉医科大学保健医療学部 臨床検査学科)

教育講演 EL3-3A

10月14日(日)8:30-9:00 第3会場(大阪国際会議場 12F特別会議場)

MDSにおける赤血球造血障害
座長: 通山 薫
(川崎医科大学 検査診断学)
演者: 岩間 厚志
(千葉大学大学院医学研究院 細胞分子医学)

教育講演 EL3-3B

10月14日(日)9:00-9:30 第3会場(大阪国際会議場 12F特別会議場)

MDSと鉄代謝
座長: 加藤 淳二
(札幌医科大学 医学部 腫瘍内科学講座・血液内科学)
演者: 川端 浩
(金沢医科大学 血液免疫内科学)

教育講演 EL3-3C

10月14日(日)9:40-10:10 第3会場(大阪国際会議場 12F特別会議場)

新規分子標的薬時代の造血幹細胞移植
座長: 小川 啓恭
(兵庫医科大学 内科学講座 血液内科)
演者: 加藤 光次
(九州大学病院 血液・腫瘍・心血管内科)

教育講演 EL3-3D

10月14日(日)10:10-10:40 第3会場(大阪国際会議場 12F特別会議場)

ヒトMSCを応用した細胞療法の現状と展望
座長: 原田 実根
(唐津東松浦医師会医療センター)
演者: 三浦 康生
(京都大学医学部附属病院 輸血細胞治療部)

教育講演 EL3-3E

10月14日(日)13:50-14:20 第3会場(大阪国際会議場 12F特別会議場)

マイクロRNAとテロメアから疾患を知る
座長: 大屋敷 一馬
(東京医科大学 血液内科学分野)
演者: 田原 栄俊
(広島大学大学院医歯薬保健学研究科 細胞分子生物学研究室)

教育講演 EL3-3F

10月14日(日)14:20-14:50 第3会場(大阪国際会議場 12F特別会議場)

モデルマウスによるMPNの病態解明
座長: 檀 和夫
(了徳寺大学 健康科学部)
演者: 幣 光太郎
(宮崎大学 医学部 内科学講座 消化器血液学分野)

教育講演 EL3-3G

10月14日(日)15:00-15:30 第3会場(大阪国際会議場 12F特別会議場)

ウイルスに対するT細胞療法
座長: 井上 雅美
(大阪母子医療センター 血液・腫瘍科)
演者: 髙橋 聡
(東京大学医科学研究所)

教育講演 EL3-3H

10月14日(日)15:30-16:00 第3会場(大阪国際会議場 12F特別会議場)

血液疾患に対する間葉系幹細胞の臨床応用
座長: 平山 雅浩
(三重大学大学院医学系研究科 小児科学)
演者: 竹谷 健
(島根大学医学部 小児科)

教育講演 EL3-4A

10月14日(日)8:30-9:00 第4会場(大阪国際会議場 12F1202)

今さら聞けない輸血のABC
座長: 冨山 佳昭
(大阪大学医学部附属病院 輸血部)
演者: 芦田 隆司
(近畿大学 血液・膠原病内科)

教育講演 EL3-4B

10月14日(日)9:00-9:30 第4会場(大阪国際会議場 12F1202)

科学的根拠に基づいた血小板輸血ガイドライン
座長: 朝倉 英策
(金沢大学附属病院 高密度無菌治療部)
演者: 高見 昭良
(愛知医科大学 内科学講座 血液内科)

教育講演 EL3-4C

10月14日(日)9:40-10:10 第4会場(大阪国際会議場 12F1202)

血液疾患患者におけるE型肝炎
座長: 椿 和央
(日本赤十字社 中四国ブロック血液センター)
演者: 岡本 宏明
(自治医科大学医学部 感染・免疫学講座ウイルス学部門)

教育講演 EL3-4D

10月14日(日)10:10-10:40 第4会場(大阪国際会議場 12F1202)

重症熱性血小板減少症候群の疫学、病態および特異的治療・予防法の開発
座長: 谷本 光音
(国立病院機構 岩国医療センター 院長)
演者: 西條 政幸
(国立感染症研究所 ウイルス第一部)

教育講演 EL3-4E

10月14日(日)13:50-14:20 第4会場(大阪国際会議場 12F1202)

原発性免疫不全症の最前線
座長: 小林 正夫
(広島大学大学院医歯薬保健学研究科 小児科学)
演者: 星野 顕宏
(東京医科歯科大学 発生発達病態学分野)

教育講演 EL3-4F

10月14日(日)14:20-14:50 第4会場(大阪国際会議場 12F1202)

成人の原発性免疫不全症と遺伝性造血障害
座長: 中畑 龍俊
(京都大学iPS細胞研究所)
演者: 高田 英俊
(筑波大学医学医療系小児科)

教育講演 EL3-4G

10月14日(日)15:00-15:30 第4会場(大阪国際会議場 12F1202)

von Willebrand病の診断と治療
座長: 齋藤 英彦
(国立病院機構 名古屋医療センター)
演者: 日笠 聡
(兵庫医科大学 血液内科)

教育講演 EL3-4H

10月14日(日)15:30-16:00 第4会場(大阪国際会議場 12F1202)

高ずり応力が引き起こす止血異常症―後天性フォンウィルブランド症候群―
座長: 松下 正
(名古屋大学医学部附属病院 輸血部)
演者: 堀内 久徳
(東北大学 加齢医学研究所基礎加齢研究分野)

教育講演 EL3-6A

10月14日(日)8:30-9:30 第6会場(大阪国際会議場 10F1003)

Optimal induction approaches for follicular lymphoma: are we moving toward a precision approach ?
座長: 岡本 真一郎
(慶應義塾大学医学部 血液内科)
演者: Jonathan W. Friedberg
(University of Rochester Wilmot Cancer Institute, Rochester, USA)

教育講演 EL3-6B

10月14日(日)9:40-10:40 第6会場(大阪国際会議場 10F1003)

Treatment strategy for follicular lymphoma: are we ready to abandon chemotherapy ?
座長: 高折 晃史
(京都大学大学院医学研究科 血液・腫瘍内科学)
演者: Nathan Fowler
(MD Anderson Cancer Center, USA)

教育講演 EL3-6C

10月14日(日)13:50-14:20 第6会場(大阪国際会議場 10F1003)

家族性白血病の診断・サーベイランス・治療
座長: 杉田 完爾
(山梨県赤十字血液センター所長)
演者: 盛武 浩
(宮崎大学医学部発達泌尿生殖医学講座 小児科学分野)

教育講演 EL3-6D

10月14日(日)14:20-14:50 第6会場(大阪国際会議場 10F1003)

血友病遺伝子治療開発の現状と展望
座長: 吉岡 章
(奈良県立医科大学)
演者: 大森 司
(自治医科大学医学部 生化学講座病態生化学部門)

教育講演 EL3-6E

10月14日(日)15:00-15:30 第6会場(大阪国際会議場 10F1003)

二重特異性抗体によるがん治療
座長: 小澤 敬也
(自治医科大学 免疫遺伝子細胞治療学(タカラバイオ)講座)
演者: 門脇 則光
(香川大学 医学部 血液・免疫・呼吸器内科学)

教育講演 EL3-6F

10月14日(日)15:30-16:00 第6会場(大阪国際会議場 10F1003)

iPS細胞からの血小板産生
座長: 浅野 茂隆
(早稲田大学 (神戸大学))
演者: 杉本 直志
(京都大学iPS細胞研究所 臨床応用研究部門)

コーポレートセミナー

ランチョンセミナー LS1-3

10月12日(金)12:15-13:00第3会場(大阪国際会議場 12F 特別会議場)

New therapeutic approaches in follicular lymphoma

共催:中外製薬株式会社/日本新薬株式会社

座長: 飛内 賢正
(国立がん研究センター中央病院)
演者: Andrew Davies
(Associate Professor and Consultant in Medical Oncology, University of Southampton)

ランチョンセミナー LS1-4

10月12日(金)12:15-13:00第4会場(大阪国際会議場 12F 1202)

New Treatment Strategy for Relapse and Refractory Multiple Myeloma

共催:武田薬品工業株式会社

座長: 張 高明
(新潟県立がんセンター新潟病院 内科)
演者: Paul G. Richardson
(Harvard Medical School/Dana-Farber Cancer Institute, Boston, MA, USA)

ランチョンセミナー LS1-5

10月12日(金)12:15-13:00第5会場(大阪国際会議場 12F グラントック)

免疫抑制・化学療法によるB 型肝炎再活性化の現状と対策

共催:ギリアド・サイエンシズ株式会社

座長: 福田 隆浩
(国立がん研究センター中央病院 造血幹細胞移植科)
演者: 持田 智
(埼玉医科大学 消化器内科・肝臓内科)

ランチョンセミナー LS1-6

10月12日(金)12:15-13:00第6会場(大阪国際会議場 10F 1003)

骨髄増殖性腫瘍の遺伝子変異からみた診断と今後の展望―WHO 分類改定ポイントを踏まえて―

共催:ノバルティス ファーマ株式会社/シスメックス株式会社

座長: 木村 文彦
(防衛医科大学校 内科学講座)
演者: 伊藤 雅文
(名古屋第一赤十字病院 病理部)
桐戸 敬太
(山梨大学医学部 血液・腫瘍内科)

ランチョンセミナー LS1-7

10月12日(金)12:15-13:00第7会場(大阪国際会議場 10F 1001)

末梢性T 細胞性リンパ腫に対する最新の治療動向

共催:Meiji Seika ファルマ株式会社

座長: 山本 一仁
(愛知県がんセンター中央病院 血液・細胞療法部)
演者: 小椋美知則
(春日井市民病院 血液・腫瘍内科)

ランチョンセミナー LS1-8

10月12日(金)12:15-13:00第8会場(大阪国際会議場 10F 1002)

CMV 感染管理の現在・過去・未来~レテルモビルの位置付けを含めて~

共催:MSD 株式会社

座長: 豊嶋 崇徳
(北海道大学大学院医学研究院 内科学講座 血液内科学)
演者: 神田 善伸
(自治医科大学 内科学講座血液学部門/自治医科大学附属さいたま医療センター血液科)

ランチョンセミナー LS1-9

10月12日(金)12:15-13:00第9会場(大阪国際会議場 10F 1008)

Mantle cell lymphoma : Update on diagnosis, risk-stratification, and clinical management

共催:ヤンセンファーマ株式会社

座長: 永井 宏和
(国立病院機構 名古屋医療センター 臨床研究センター 血液・腫瘍研究部)
演者: Julie M. Vose
(Division of Hematology/Oncology, University of Nebraska Medical Center)

ランチョンセミナー LS1-10

10月12日(金)12:15-13:00第10会場(大阪国際会議場 10F 1009)

Immunomodulatory effects of TKI treatment and links to treatment response in CML

共催:ブリストル・マイヤーズ スクイブ株式会社

座長: 宮本 敏浩
(九州大学大学院医学研究院 病態修復内科)
演者: Satu Mustjoki
(Professor of Translational Hematology and Research/Hematology Research Unit/University of Helsinki(Medicum)and Helsinki University Hospital Comprehensive Cancer Center)

ランチョンセミナー LS1-11

10月12日(金)12:15-13:00第11会場(大阪国際会議場 10F 1004-5)

APL ~凝固異常の基礎と臨床的アプローチ~

共催:旭化成ファーマ株式会社

座長: 麻生 範雄
(埼玉医科大学国際医療センター 造血器腫瘍科)
凝固/抗凝固反応はどこで起きているのか?-cell-based model の紹介-
演者: 伊藤 隆史
(鹿児島大学病院 救命救急センター/鹿児島大学大学院医歯学総合研究科 システム血栓制御学講座)
血液内科領域におけるrTM の使用経験について
演者: 池添 隆之
(福島県立医科大学医学部 血液内科学講座)

ランチョンセミナー LS1-12

10月12日(金)12:15-13:00第12会場(大阪国際会議場 10F 1006-7)

自家末梢血幹細胞移植の治療戦略~モゾビル® を中心に考える~

共催:サノフィ株式会社

座長: 角南 一貴
(国立病院機構 岡山医療センター 血液内科)
演者: 塚田 信弘
(日本赤十字社医療センター 血液内科)
山田 明日香
(日本赤十字社医療センター 医療技術部 臨床工学技術課 臨床工学技士)

ランチョンセミナー LS1-13

10月12日(金)12:15-13:00第13会場(大阪国際会議場 11F 1101-2)

インヒビター保有血友病A 治療におけるヘムライブラの可能性

共催:中外製薬株式会社

座長: 日笠 聡
(兵庫医科大学 血液内科)
演者: 鈴木 隆史
(荻窪病院 血液凝固科)

ランチョンセミナー LS1-14

10月12日(金)12:15-13:00第14会場(大阪国際会議場 8F 801-2)

造血幹細胞移植後の真菌感染症マネジメント

共催:ファイザー株式会社

座長: 谷口 修一
(虎の門病院 血液内科)
演者: 冲中 敬二
(国立がん研究センター東病院 総合内科)
森 毅彦
(慶應義塾大学 医学部血液内科)

ランチョンセミナー LS1-15

10月12日(金)12:15-13:00第15会場(大阪国際会議場 7F 701-2)

低悪性度リンパ腫に対する新たな治療戦略

共催:セルジーン株式会社

座長: 安藤 潔
(東海大学医学部内科学系血液・腫瘍内科)
演者: Nathan Fowler
(Department of Lymphoma and Myeloma, Division of Cancer Medicine, The University of Texas MD Anderson Cancer Center)

Industry Session IS1-8

10月12日(金)13:50-14:20第8会場(大阪国際会議場 10F 1002)

Targeting BCL2 to treat hematological cancers

共催:アッヴィ合同会社

座長: 向井 陽美
(アッヴィ合同会社 医学統括本部 肝疾患領域部/オンコロジー領域部)
演者: David Huang
(Walter and Eliza Hall Institute of Medical Research(WEHI), Melbourne, Australia)

Industry Session IS1-9

10月12日(金)13:50-14:20第9会場(大阪国際会議場 10F 1008)

リアルワールドデータを臨床に活かす ~医療データベース活用の実際と展望~

共催:中外製薬株式会社

演者: 松田 真一
(中外製薬株式会社 安全性リアルワールドデータサイエンス部疫学グループ)

Industry Session IS1-11

10月12日(金)13:50-14:20第11会場(大阪国際会議場 10F 1004-5)

CLL treatment strategy and recent advances

共催:ヤンセンファーマ株式会社

座長: 藤森 浩彰
(ヤンセンファーマ株式会社 メディカルアフェアーズ本部 オンコロジー疾患領域部)
演者: Carol Moreno Atanasio
(Hematology Department, Hospital de la Santa Creu i Sant Pau)

モーニングセミナー MS2-3

10月13日(土)8:00-8:45第3会場(大阪国際会議場 12F 特別会議場)

Moving beyond just ABR

共催:CSL ベーリング株式会社

座長: 竹谷 英之
(東京大学医科学研究所附属病院 関節外科)
演者: 長尾 梓
(荻窪病院 血液凝固科)

モーニングセミナー MS2-4

10月13日(土)8:00-8:45第4会場(大阪国際会議場 12F 1202)

分子標的薬の治療戦略 ~p53 異常をバイオマーカーにしたCLL 治療の最適化~

共催:ヤンセンファーマ株式会社

座長: 中尾 眞二
(金沢大学医薬保健研究域医学系 血液・呼吸器内科)
演者: 小島 研介
(佐賀大学医学部血液・呼吸器・腫瘍内科)

モーニングセミナー MS2-5

10月13日(土)8:00-8:45第5会場(大阪国際会議場 12F グラントック)

造血器疾患における真菌感染症の治療戦略

共催:アステラス製薬株式会社

座長: 秋山 暢
(帝京大学医学部 内科学講座)
演者: 小宅 達郎
(岩手医科大学内科学講座 血液腫瘍内科分野)

モーニングセミナー MS2-6

10月13日(土)8:00-8:45第6会場(大阪国際会議場 10F 1003)

Treatment Strategy for Lenalidomide Refractory Multiple Myeloma

共催:セルジーン株式会社

座長: 石田 禎夫
(日本赤十字社医療センター 血液内科)
演者: Paul G. Richardson
(Harvard Medical School/Dana-Farber Cancer Institute, Boston, M.A.(USA))

モーニングセミナー MS2-7

10月13日(土)8:00-8:45第7会場(大阪国際会議場 10F 1001)

腫瘍崩壊症候群のリスクマネジメント

共催:サノフィ株式会社

座長: 桐戸 敬太
(山梨大学医学部 血液・腫瘍内科)
演者: 山内 高弘
(福井大学医学部 病態制御医学講座内科学(1))

モーニングセミナー MS2-8

10月13日(土)8:00-8:45第8会場(大阪国際会議場 10F 1002)

フィラデルフィア染色体陽性急性リンパ性白血病に対する第三世代TKI 治療

共催:大塚製薬株式会社

座長: 杉浦 勇
(豊橋市民病院 血液・腫瘍内科)
演者: 三橋 健次郎
(さいたま赤十字病院 血液内科)
杉田 純一
(北海道大学病院 血液内科)

モーニングセミナー MS2-9

10月13日(土)8:00-8:45第9会場(大阪国際会議場 10F 1008)

MDS に対する治療の進歩と輸血・鉄キレート療法の役割

共催:ノバルティス ファーマ株式会社

座長: 川端 浩
(金沢医科大学 血液免疫内科学)
演者: 後藤 明彦
(順天堂大学 血液内科)

モーニングセミナー MS2-10

10月13日(土)8:00-8:45第10会場(大阪国際会議場 10F 1009)

ホジキンリンパ腫治療におけるニボルマブの役割

共催:小野薬品工業株式会社/ブリストル・マイヤーズ スクイブ株式会社

座長: 鈴宮 淳司
(島根大学医学部附属病院先端がん治療センター)
演者: 丸山 大
(国立がん研究センター中央病院 血液腫瘍科)

モーニングセミナー MS2-11

10月13日(土)8:00-8:45第11会場(大阪国際会議場 10F 1004-5)

濾胞性リンパ腫の治療戦略─造血器腫瘍診療ガイドライン改訂を踏まえて─

共催:エーザイ株式会社

座長: 鈴木 律朗
(島根大学医学部附属病院 先端がん治療センター)
演者: 福原 規子
(東北大学病院 血液免疫科)

モーニングセミナー MS2-12

10月13日(土)8:00-8:45第12会場(大阪国際会議場 10F 1006-7)

ホジキンリンパ腫の治療戦略

共催:武田薬品工業株式会社

座長: 畠 清彦
(国際医療福祉大学三田病院)
演者: 石澤 賢一
(山形大学医学部 内科学第三講座 血液・細胞治療内科学分野)

モーニングセミナー MS2-13

10月13日(土)8:00-8:45第13会場(大阪国際会議場 11F 1101-2)

血液凝固第Ⅸ因子の深淵~extravascular space における作用~

共催:ファイザー株式会社

座長: 松下 正
(名古屋大学医学部附属病院 輸血部)
演者: 野上 恵嗣
(奈良県立医科大学 小児科学)

モーニングセミナー MS2-14

10月13日(土)8:00-8:45第14会場(大阪国際会議場 8F 801-2)

低悪性度B 細胞性リンパ腫治療における放射免疫療法の役割

共催:ムンディファーマ株式会社

座長: 塚本 憲史
(群馬大学医学部附属病院 腫瘍センター)
演者: 崔 日承
(独立行政法人国立病院機構 九州がんセンター 血液内科)

モーニングセミナー MS2-15

10月13日(土)8:00-8:45第15会場(大阪国際会議場 7F 701-2)

ALL におけるMRD 評価とゲノム情報(仮)

共催:アステラス・アムジェン・バイオファーマ株式会社

座長: 南 陽介
(国立がん研究センター 東病院血液腫瘍科)
演者: 真田 昌
(独立行政法人国立病院機構名古屋医療センター/臨床研究センター 高度診断研究部長/臨床研究センター 臨床研究事業部 生体資料管理室長)

ランチョンセミナー LS2-1

10月13日(土)12:15-13:00第1会場(大阪国際会議場 5F 大ホール)

Novel Treatment for Newly Diagnosed Multiple Myeloma

共催:セルジーン株式会社

座長: 半田 寛
(群馬大学大学院医学系研究科 内科学講座 血液内科学分野)
演者: Katja Weisel
(Department of Hematology and Oncology, University of Tuebingen, Tuebingen, Germany)

ランチョンセミナー LS2-3

10月13日(土)12:15-13:00第3会場(大阪国際会議場 12F 特別会議場)

Updates on treatment of Hodgkin Lymphoma

共催:武田薬品工業株式会社

座長: 柴山 浩彦
(大阪大学大学院医学系研究科 血液・腫瘍内科)
演者: Martin Hutchings
(Department of Hematology, Copenhagen University Hospital, Copenhagen, Denmark)

ランチョンセミナー LS2-4

10月13日(土)12:15-13:00第4会場(大阪国際会議場 12F 1202)

エキスパートに学ぶAA とITP ~より良い診療を目指して~

共催:ノバルティス ファーマ株式会社

座長: 金倉 譲
(大阪大学大学院医学系研究科 血液・腫瘍内科学)
新しい再生不良性貧血の治療
演者: 臼杵 憲祐
(NTT 東日本関東病院 血液内科)
ITP の診断と治療のポイント
演者: 羽藤 高明
(愛媛大学 医学部附属病院 輸血・細胞治療部)

ランチョンセミナー LS2-5

10月13日(土)12:15-13:00第5会場(大阪国際会議場 12F グラントック)

Therapeutic challenges in lower-risk MDS

共催:協和発酵キリン株式会社

座長: 宮﨑 泰司
(長崎大学 原爆後障害医療研究所 原爆・ヒバクシャ医療部門 血液内科学研究分野(原研内科)
演者: Bruno C. Medeiros
(Stanford University Medical Center)

ランチョンセミナー LS2-6

10月13日(土)12:15-13:00第6会場(大阪国際会議場 10F 1003)

Going the distance : Are we losing patients along the multiple myeloma treatment pathway?

共催:ヤンセンファーマ株式会社

座長: 黒田 純也
(京都府立医科大学)
演者: ANDREW SPENCER
(Department of Clinical Haematology, Alfred Hospital)

ランチョンセミナー LS2-7

10月13日(土)12:15-13:00第7会場(大阪国際会議場 10F 1001)

The role of Thalidomide in current Myeloma therapy - trials & real world data

共催:藤本製薬株式会社

座長: 清水 一之
(独立行政法人 国立病院機構 東名古屋病院)
演者: Wolfgang Willenbacher
(Innsbruck Medical University, Innsbruck, Austria)

ランチョンセミナー LS2-8

10月13日(土)12:15-13:00第8会場(大阪国際会議場 10F 1002)

DLBCL の分子病態の多様性およびその臨床的意義

共催:中外製薬株式会社

座長: 大島 孝一
(久留米大学医学部 病理学講座)
演者: 加留部 謙之輔
(琉球大学 大学院医学研究科 細胞病理学講座)

ランチョンセミナー LS2-9

10月13日(土)12:15-13:00第9会場(大阪国際会議場 10F 1008)

急性骨髄性白血病における治療課題と今後の展望

共催:アステラス製薬株式会社

座長: 恵美 宣彦
(藤田医科大学医学部 血液内科学)
演者: 細野 奈穂子
(福井大学医学部附属病院 血液・腫瘍内科)

ランチョンセミナー LS2-10

10月13日(土)12:15-13:00第10会場(大阪国際会議場 10F 1009)

血液疾患における免疫系の関わり

共催:ブリストル・マイヤーズスクイブ株式会社

座長: 藤原 弘
(三重大学大学院医学系研究科 個別化がん免疫治療学/三重大学 複合的がん免疫療法研究センター)
演者: 西川 博嘉
(名古屋大学大学院医学系研究科 微生物・免疫学講座 分子細胞免疫学分野/国立がん研究センター研究所 腫瘍免疫研究分野/先端医療開発センター 免疫TR 分野)

ランチョンセミナー LS2-11

10月13日(土)12:15-13:00第11会場(大阪国際会議場 10F 1004-5)

CML 薬物治療におけるボスチニブの役割

共催:ファイザー株式会社

座長: 三谷 絹子
(獨協医科大学 内科学(血液・腫瘍))
演者: Jorge Eduardo Cortes
(Department of Leukemia, The University of Texas MD Anderson Cancer Center)

ランチョンセミナー LS2-12

10月13日(土)12:15-13:00第12会場(大阪国際会議場 10F 1006-7)

小児血液疾患における感染症

共催:塩野義製薬株式会社

座長: 大賀 正一
(九州大学大学院 医学研究院成長発達医学分野(小児科))
演者: 井上 雅美
(大阪母子医療センター 血液・腫瘍科)

ランチョンセミナー LS2-13

10月13日(土)12:15-13:00第13会場(大阪国際会議場 11F 1101-2)

慢性ITP に対する脾摘 vs 薬物療法

共催:全薬工業株式会社

座長: 藤村 欣吾
(安田女子大学 看護学部 看護学科)
演者: 宮川 義隆
(埼玉医科大学病院 総合診療内科・血栓止血センター)

ランチョンセミナー LS2-14

10月13日(土)12:15-13:00第14会場(大阪国際会議場 8F 801-2)

PNH 治療におけるエクリズマブの適応~注意すべき髄膜炎菌感染症のリスク~

共催:アレクシオンファーマ合同会社

座長: 得平 道英
(埼玉医科大学総合医療センター 血液内科)
演者: 西村 純一
(大阪大学大学院医学系研究科 血液・腫瘍内科学)
川口 辰哉
(熊本保健科学大学 保健科学部医学検査学科)

ランチョンセミナー LS2-15

10月13日(土)12:15-13:00第15会場(大阪国際会議場 7F 701-2)

造血器疾患に対する真菌感染症対策

共催:大日本住友製薬株式会社

座長: 高見 昭良
(愛知医科大学 血液内科)
演者: 藤田 浩之
(済生会横浜市南部病院 診療部長 血液内科部長)

モーニングセミナー MS3-3

10月14日(日)7:30-8:15第3会場(大阪国際会議場 12F 特別会議場)

ALL 治療の変遷とBesponsa の役割

共催:ファイザー株式会社

座長: 前田 嘉信
(岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 血液・腫瘍・呼吸器内科学)
演者: 中前 博久
(大阪市立大学大学院医学研究科 血液腫瘍制御学)

モーニングセミナー MS3-4

10月14日(日)7:30-8:15第4会場(大阪国際会議場 12F 1202)

The future of CML therapeutic strategy ―when TFR(treatment-free remission)is an option in clinical practice―

共催:ノバルティス ファーマ株式会社

座長: 中世古 知昭
(国際医療福祉大学医学部 血液内科学)
演者: Timothy P. Hughes
(SA Pathology and University of Adelaide, SA Australia)

モーニングセミナー MS3-5

10月14日(日)7:30-8:15第5会場(大阪国際会議場 12F グラントック)

ポスト・ゲノム時代における悪性リンパ腫の治療戦略~高齢者に対する適正な治療選択、副作用マネジメントを含めて~

共催:協和発酵キリン株式会社

座長: 大間知 謙
(東海大学医学部内科学系 血液・腫瘍内科)
演者: 西森 久和
(岡山大学 血液・腫瘍内科)

モーニングセミナー MS3-6

10月14日(日)7:30-8:15第6会場(大阪国際会議場 10F 1003)

同種造血幹細胞移植におけるGVHD の治療戦略

共催:中外製薬株式会社

座長: 鬼塚 真仁
(東海大学医学部内科学系 血液・腫瘍内科)
演者: 土岐 典子
(がん・感染症センター都立駒込病院 血液内科)

モーニングセミナー MS3-7

10月14日(日)7:30-8:15第7会場(大阪国際会議場 10F 1001)

AL amyloidosis

共催:武田薬品工業株式会社

座長: 島崎 千尋
(JCHO 京都鞍馬口医療センター 血液内科)
演者: Giovanni Palladini
(Amyloidosis Research and Treatment Center, IRCCS Policlinico San Matteo and University of Pavia, Pavia, Italy)

モーニングセミナー MS3-8

10月14日(日)7:30-8:15第8会場(大阪国際会議場 10F 1002)

多発性骨髄腫治療におけるマルチカラー・フローサイトメトリーの有用性 ~MRD・微小環境の変動~

共催:ヤンセンファーマ株式会社

座長: 東條 有伸
(東京大学医科学研究所 先端医療研究センター)
演者: 田中 宏和
(近畿大学医学部 血液・膠原病内科)

モーニングセミナー MS3-9

10月14日(日)7:30-8:15第9会場(大阪国際会議場 10F 1008)

多発性骨髄腫の免疫療法~長期フォローアップデータから見たエロツズマブのポジショニング~

共催:ブリストル・マイヤーズ スクイブ株式会社

座長: 木崎 昌弘
(埼玉医科大学総合医療センター 血液内科)
演者: 鈴木 憲史
(日本赤十字社医療センター 骨髄腫アミロイドーシスセンター)

モーニングセミナー MS3-10

10月14日(日)7:30-8:15第10会場(大阪国際会議場 10F 1009)

プレシジョン血液腫瘍学:次世代シークエンスの導入が臨床現場にもたらすこと

共催:アステラス製薬株式会社 メディカルアフェアーズ本部

座長: 小川 誠司
(京都大学 医学部 腫瘍生物学)
演者: 前田 高宏
(九州大学病院 遺伝子・細胞療法部)

モーニングセミナー MS3-11

10月14日(日)7:30-8:15第11会場(大阪国際会議場 10F 1004-5)

T 細胞リンパ腫治療の最新トピックス

共催:セルジーン株式会社

座長: 石塚 賢治
(鹿児島大学病院 血液・膠原病内科)
演者: 石田 高司
(岩手医科大学 医学部 内科学講座血液腫瘍内科分野)

モーニングセミナー MS3-12

10月14日(日)7:30-8:15第12会場(大阪国際会議場 10F 1006-7)

造血器腫瘍における免疫チェックポイント阻害剤

共催:MSD 株式会社/大鵬薬品工業株式会社

座長: 冨田 章裕
(藤田保健衛生大学医学部 血液内科学)
演者: 加藤 光次
(九州大学病院 血液・腫瘍・心血管内科)

モーニングセミナー MS3-13

10月14日(日)7:30-8:15第13会場(大阪国際会議場 11F 1101-2)

ゴーシェ病と血液疾患

共催:サノフィ株式会社

座長: 山﨑 宏人
(金沢大学附属病院 輸血部)
演者: 吉満 誠
(鹿児島大学病院 血液・膠原病内科)

モーニングセミナー MS3-14

10月14日(日)7:30-8:15第14会場(大阪国際会議場 8F 801-2)

低リスクMDS におけるアザシチジンの役割

共催:日本新薬株式会社

座長: 鈴木 隆浩
(北里大学医学部 血液内科学)
演者: 森田 泰慶
(近畿大学医学部 血液・膠原病内科)

モーニングセミナー MS3-15

10月14日(日)7:30-8:15第15会場(大阪国際会議場 7F 701-2)

EZH2 in the pathogenesis and targeted therapy of B-cell lymphoma

共催:エーザイ株式会社メディカル本部

座長: 北村 俊雄
(東京大学医科学研究所 先端医療研究センター 細胞療法分野/幹細胞治療センター 幹細胞シグナル制御分野)
演者: Wendy Béguelin
(Weill Cornell Medical College)

ランチョンセミナー LS3-1

10月14日(日)11:45-12:30第1会場(大阪国際会議場 5F 大ホール)

New Treatment Strategies for R/R ALL

共催:アステラス・アムジェン・バイオファーマ株式会社/アステラス製薬株式会社

座長: 直江 知樹
(独立行政法人国立病院機構名古屋医療センター)
演者: Elias Jabbour
(Department of Leukemia, Division of Cancer Medicine, The University of Texas MDAnderson Cancer Center, Houston, TX)

ランチョンセミナー LS3-3

10月14日(日)11:45-12:30第3会場(大阪国際会議場 12F 特別会議場)

Therapeutic Targeting of Acute Myeloid Leukemia Stem Cells

共催:アッヴィ合同会社

座長: 赤司 浩一
(九州大学大学院医学研究院病態修復内科(第一内科))
演者: Daniel A. Pollyea
(Clinical Director of Leukemia Services, Division of Hematology, University of Colorado School of Medicine)

ランチョンセミナー LS3-4

10月14日(日)11:45-12:30第4会場(大阪国際会議場 12F 1202)

AML に対する同種造血幹細胞移植の今後の展望

共催:富士製薬工業株式会社

座長: 岡本 真一郎
(慶應義塾大学医学部 内科学教室 血液内科)
演者: 矢野 真吾
(東京慈恵会医科大学 腫瘍・血液内科)

ランチョンセミナー LS3-5

10月14日(日)11:45-12:30第5会場(大阪国際会議場 12F グラントック)

実臨床に役立つ急性骨髄性白血病の遺伝子診断2018

共催:第一三共株式会社

座長: 清井 仁
(名古屋大学大学院医学系研究科 病態内科学講座 血液・腫瘍内科学)
演者: 山口 博樹
(日本医科大学大学院医学研究科 血液内科学分野)

ランチョンセミナー LS3-6

10月14日(日)11:45-12:30第6会場(大阪国際会議場 10F 1003)

慢性骨髄性白血病治療の現状と今後

共催:大塚製薬株式会社

座長: 髙橋 直人
(秋田大学医学部 血液腎臓膠原病内科学講座)
演者: 佐々木 宏治
(Department of Leukemia, The University of Texas MD Anderson Cancer Center)

ランチョンセミナー LS3-7

10月14日(日)11:45-12:30第7会場(大阪国際会議場 10F 1001)

全身状態管理から始まる多発性骨髄腫治療

共催:小野薬品工業株式会社

座長: 村上 博和
(群馬大学大学院保健学研究科 生体情報検査科学)
演者: 内山 倫宏
(日本赤十字社 諏訪赤十字病院 血液内科)

ランチョンセミナー LS3-8

10月14日(日)11:45-12:30第8会場(大阪国際会議場 10F 1002)

共催:シャイアー・ジャパン株式会社

座長: 小松 則夫
(順天堂大学医学部 血液内科)
ET 患者における生命予後、血栓症のリスク分類について
演者: 橋本 由徳
(鳥取県立中央病院 血液内科)
ET 治療アルゴリズムのポイント
演者: 下田 和哉
(宮崎大学医学部 内科学講座消化器血液学分野)

ランチョンセミナー LS3-9

10月14日(日)11:45-12:30第9会場(大阪国際会議場 10F 1008)

血友病治療における関節保護の重要性

共催:CSL ベーリング株式会社

座長: 瀧 正志
(聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院 小児科)
演者: 長江 千愛
(聖マリアンナ医科大学 小児科)

ランチョンセミナー LS3-10

10月14日(日)11:45-12:30第10会場(大阪国際会議場 10F 1009)

血友病個別化治療時代における標準型FVIII 製剤と半減期延長製剤

共催:バイエル薬品株式会社

座長: 福武 勝幸
(東京医科大学病院 臨床検査医学科)
演者: 藤井 輝久
(広島大学病院 輸血部)

ランチョンセミナー LS3-11

10月14日(日)11:45-12:30第11会場(大阪国際会議場 10F 1004-5)

The Management of follicular lymphoma ―How I Treat Follicular Lymphoma―

共催:エーザイ株式会社

座長: 伊豆津 宏二
(国立がん研究センター中央病院 血液腫瘍科)
演者: Jonathan W. Friedberg
(University of Rochester Medical center)

ランチョンセミナー LS3-12

10月14日(日)11:45-12:30第12会場(大阪国際会議場 10F 1006-7)

女性と出血性疾患

共催:バイオベラティブ・ジャパン株式会社

座長: 朝倉 英策
(金沢大学附属病院 高密度無菌治療部)
演者: 備後 真登
(東京医科大学 臨床検査医学分野)

ランチョンセミナー LS3-13

10月14日(日)11:45-12:30第13会場(大阪国際会議場 11F 1101-2)

ここまで来た血友病治療―さらなるPatient-Centric を目指して―

共催:シャイアー・ジャパン株式会社

座長: 天野 景裕
(東京医科大学病院 臨床検査医学科)
標準治療としてのEHL
演者: 鈴木 伸明
(名古屋大学医学部附属病院 輸血部)
新規デバイスの有用性
演者: 酒井 道生
(宗像水光会総合病院 小児科)

ランチョンセミナー LS3-14

10月14日(日)11:45-12:30第14会場(大阪国際会議場 8F 801-2)

Moving Towards Novel Single and Novel Combination in the Treatment of PTCL

共催:ムンディファーマ株式会社

座長: 千葉 滋
(筑波大学 血液内科)
演者: Owen A O’Connor
(Columbia University Medical Center)

ランチョンセミナー LS3-15

10月14日(日)11:45-12:30第15会場(大阪国際会議場 7F 701-2)

血友病診療から血液凝固の闇を斬る

共催:ノボ ノルディスク ファーマ株式会社

座長: 嶋 緑倫
(奈良県立医科大学 小児科)
演者: 大森 司
(自治医科大学 医学部 生化学講座 病態生化学部門)
このサイトについて|Copyright © 第80回日本血液学会学術集会 All Rights Reserved.