TOP>学術集会>過去の学術集会>過去の学術集会プログラムの情報

過去の学術集会プログラムの情報

第70回日本血液学会総会 京都市 国立京都国際会館 (会長 須田年生)

会 期:2008年10月10日(金)〜12日(日)
会 場: 国立京都国際会館 (京都市左京区宝ヶ池)
会 長: 須田 年生 (慶應義塾大学)

会長講演

Hematopoietic Stem Cells and their Niche 須田 年生
特別講演1 Modulation of Immune responses by Mesenchymal Stem Cells Willen E. Fibbe
特別講演2 Thrombopoietin: from Cloning to Clinic Kenneth Kaushansky
教育講演A 貧血と鉄代謝
骨髄不全のマネジメント
特発性血小板減少性紫斑病
遅発性溶血性輸血副作用
好中球機能と感染症
自己免疫性溶血性貧血の病態と診断
発作性夜間ヘモグロビン(血色素)尿症の魅力
内科医のための小児血液学
造血細胞移植領域における真菌感染症
MDSの病態と治療の展望?
骨髄腫治療の現状と将来の展望?
同種造血幹細胞移植後の後期合併症とQOL
急性リンパ性白血病の診療方針
急性骨髄性白血病の治療−JALSGの成績を中心に−
慢性リンパ性白血病と類縁疾患
慢性骨髄性白血病のマネジメント
慢性骨髄増殖性疾患(CMLを除く)
敗血症DICにおける線溶系の動態
肝産生酵素ADAMTS13と血栓症?
非ホジキンリンパ腫に対する最新の治療動向?
張替 秀郎
中尾 眞二
冨山 佳昭
前川 平
北川 誠一
亀崎 豊実
中熊 秀喜
真部 淳
谷口 修一
宮沢 啓介
飯田 真介
岡本 真一郎
薄井 紀子
宮脇 修一
唐沢 正光
下田 和哉
小松 則夫
坂田 洋一
藤村 吉博
小椋 美知則
教育講演 B 血管新生の基礎と臨床的進歩?
造血器腫瘍に対する細胞免疫療法
Epigeneticsと血液疾患
臨床統計
日本における血液学の流れ
エイズ関連悪性リンパ腫の現状と治療戦略?
医学は科学、医療は物語−理想のがん医療をめざして−?
ATL, HTLV-1研究の進歩
MDSとAMLの分子 −メカニズム:どこまで同じでどこが違うか?
Stem Cells(ES.iPS.adult stem cell等について)
Examining Thrombus Formation in vivo
高倉 伸幸
安川 正貴
古川 雄祐
大橋 靖雄
柴田 昭
岡田 誠治
山口 建
松岡 雅雄
稲葉 俊哉
中内 啓光
Barbara Furie
シンポジウム1 白血病の基礎研究
急性骨髄性白血病における染色体転座関連因子AML1・PML・MOZ・MLLの役割
CtBP結合型転写因子群による白血病発症機構の解析
造血系転写因子と白血病
白血病、骨髄増殖性疾患、骨髄異形成症候群発症のメカニズム
ヒト白血病幹細胞
赤司 浩一・黒川 峰夫
北林 一生

森下 和広
黒川 峰夫
北村 俊雄
赤司 浩一
シンポジウム2 日本臨床腫瘍学会との合同シンポジウム?
固形がんに対する分子標的治療の進歩−ソラフェニブ、スニチニブ、ラパチニブ
分子標的薬の有害事象とその管理
化学療法におけるdose intensityの重要性
cancer associated thrombosisの診断と治療?
クロマチンの修飾と染色体構造:新たな標的epigeneticsを目指して
上田 龍三・畠 清彦
西條 長宏

南 博信
田村 和夫
窓岩 清治
広田 亨
シンポジウム3 Stem Cells
Induction of Pluripotency by Defined Factors
Dissecting differentiation pathway of hematopoietic stem cells in vivo and in vitro
Dissecting Cell Fate Regulation in Stem Cells
Model Systems to Elucidate Molecular Mechanisms in Stem Cell Niches
Identification, characterization and surveillance of stem cells in 5q-myelodysplastic syndrome
須田 年生・西川 伸一
Shinya Yamanaka
Sin-ichi Nishikawa

Ihor Lemischka
Kateri Moore

Sten-Eirik Jacobsen
シンポジウム4 血栓止血・血管生物学
Pathways of platelet activation during thrombus formation in vivo
Genetic risk factors for thrombophilia
The novel platelet activation receptor CLEC-2 and its internal ligand, podoplanin
Secretary dynamics of tPA from vascular endothelial cells and its modification by PAl-1
Molecular basis of angiogenesis regulated by VEGF
池田 康夫・冨山 佳昭
Bruce Furie
Toshiyuki Miyata
Katsue Suzuki-Inoue

Tetsumei Urano

Masabumi Shibuya
シンポジウム5 骨髄腫
Molecular determinant in osteoclast differentiation
Mutual interaction between myeloma cell and bone marrow microenvironment
Constitutive NF-kB activation in myeloma cells: Its underlying mechanism and functiional significance
Introduction to Current Researches on Multiple Myeloma in Korea : Focusing on Multi-Center Studiesl
Targeting the Ubiquitin-Proteasome Pathway in Myeloma Therapy
河野 道生・飯田 真介
Hiroshi Takayanagi
安倍 正博

Ken-Ichiro Otsuyama

Jae Hoon Lee

Robert Orlowski
シンポジウム6 ジョイントシンポジウム(日本癌学会)
Balanced chromosome aberrations and gene fusions in solid tumors
Global assessment of chromosomal changes in cancer
Recurrent gene fusinos in prostate cancer
EML4-ALK fusion oncogene in lung cancer
Double-strand brake repair and chromosome instability
間野 博行・稲澤 譲治
Frederik Mertens
Johji Inazawa
Arul M. Cinnaiyan
Hiroyuki Mano
Kiyoshi Miyagawa
シンポジウム7 鉄代謝・骨髄機能不全
ヘムの合成と分解の制御機構?
Siderophore 結合蛋白の生物学−分化誘導、組織障害、癌、感染、造血の新しい接点
輸血後鉄過剰症の病態と鉄キレート療法
再生不良性貧血における治療選択のためのアルゴリズム
Fanconi 貧血の分子病態−最近の進歩
Ribosomal Abnormalities and Genomic Instability in Shwachman Diamond Syndrome
澤田 賢一・小島 勢二
山本 雅之
森 潔

小澤 敬也
小島 勢二
山下 孝之
Akiko Shimamura
シンポジウム8 本邦におけるtranslational studyの動向 〜次世代の分子標的薬の開発に向けて〜?
分子標的エイズ治療薬開発のトランスレーショナルリサーチ
悪性リンパ腫に対する抗CCR4抗体の開発
イマニチブ耐性CMLに対する新規チロシンキナーゼ阻害剤の開発
海外の製薬企業から見た日本の医薬品開発
PMDAが日本の臨床開発に期待すること
三谷 絹子・前川 平

満屋 裕明
石田 高司
木村 晋也
芹生 卓
森 和彦
シンポジウム9 ジョイントシンポジウム(韓国血液学会)白血病・リンパ腫の臨床
The Korean Society of Hematology AML/MDS Working Party-initiated multi-center clinical researches: Recent updates
AML trials in JALSG
Dose escalation therapy for suboptimal responders to standard dose imatinib in CML: Prediction of responses
Basic and clinical reseraches in hematopoietic stem cell transplantation in Japan
Radioimmunotherapy for B-cell lymphoma
Malignant lymphoma-new entities in Asia
木崎 昌弘・直江 知樹
Yoo Hong Min

Yasushi Miyazaki
Seon Yang Park

Takanori Teshima

Cheol Won Suh
Tadashi Yoshino
シンポジウム10 論文の書き方・国際交流?
論文の書き方・通し方
Structure and style in scientific writing
How to improve the manuscript
Activities of ASH
Activities of EHA
The International Scociety of Hematology (ISH)
Activities of New JSH
仲野 徹・Douglas Sipp
仲野 徹
Douglas Sipp
Kenneth Kaushansky
Kenneth Kaushansky
Willen E. Fibbe
Saengsuree Jootar
Yasuo Ikeda
シンポジウム11 同種造血幹細胞移植後の免疫再構築?
同種造血幹細胞移植後の免疫回復と臨床経過の関係 −日常診療からのQuestion−?
同種移植後の寛容機構とGVHD
造血細胞移植後の予防接種ガイドライン?
造血細胞移植後ex vivo 増幅CD4-T細胞輸注療法
Strategies to Enhance Post-Transplant T Cell Reconstitution
Humoral Immunity after BMT?
豊嶋 崇徳・神田 善伸
大島 久美

門脇 賢典
東 英一
森尾 友宏
Marcel van den Brink
David Miklos

このページのTOPへ戻る▲